昇級試験の論文の書き方

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昇級試験の論文の書き方

昇級試験、皆さん苦戦していませんか?
特に理系の人であれば、

「日本語を書くのにこんなに苦労するのか…」

と戸惑うことが多いと思います。

そこで、まずもって何を書いたらいいかわからない!!

という人に向けて、昇級試験の論文の書き方(考え方)を説明していこうかと思います!

私もまだまだ未熟ですが、皆さんの参考になると非常に嬉しいです!!

まずは現状を把握

まずは、あなたの現状を把握していきましょう。

下記に、昇級試験の論文がうまく書けない問題に対する、
問題点と、課題をまとめてみました。

目的昇級試験に合格する論文を書きたいが、
現状(問題)現状、5時間考えても遅々として進まない。
問題点問題点として
①書く内容が定まっていない ②答えがあるが文章が進まない
の2点が考えられるので、
課題それぞれの問題点に対して、
①答えの導き方を覚えること ②文章の書き方のテクニック覚えること
で解決していく
具体策①の具体策については、この記事を参考に
②の具体策については、「」の記事を参考にしてください。

この記事に行きついたということは、
「昇級試験に合格できるような論文が書けない」
問題を抱えていると思いますが、

その理由は、
①書く内容が定まっていない のか
②答えがあるが、文章がすすまない のか
のどちらかになるかと考えます。

あなたは、どちらの状態でしょうか?

①に対しては、答えを導くテクニックを覚えることで解決、
②に対しては、文章の書き方を覚えることで解決

できますが、今回は

①答えを導くテクニック

に対して、具体策を記事にしていきたいと思います。
②については、この記事を参考にしてください。

昇級試験の論文の書く内容(答え)を導くテクニック

それではさっそく、昇級試験の論文の書く内容(答え)を導くテクニックについて
解説していきたいと思います。

昇級試験で求められる内容は、
「昇級したら、あなたはどのように会社に貢献していきますか?」
「昇級したら、あなたは自部署にどのように貢献していきますか?」
という設問になるかと思います。

そして、自部門にどのような貢献を行うかは、
現状の問題解決を行うことで貢献していくとするのが一般的です。

ですので、

・いままで、自作業レベルであった問題とその解決を、

・論文では、自部門レベルまで押し上げて問題を考え、解決をしていく

必要があります。

この「自部門レベルの問題」というのが、
厄介で論文が進んでいない人は、ここに頭を悩ませることになっているのではないかと思います。

・問題と問題点は違うということを理解する

逆にこの問題定義のステップを乗り越えてしまえば、
そこから先はある程度書くことができると思いますので、
このレベルの問題解決について、その手法を確認していきましょう。

言葉の定義などは、少しめんどくさいのですが、
・問題と問題点は違うということを理解する
ことが大事になってきます。

この違いを理解するために、RPGの勇者の例を書いてみました。

①目的(理想は?) ⇒ あの町に行きたい

②問題( 現状は?) ⇒ 行けない。

③問題点(なぜか?(複数ある)) ⇒  目の前に岩がある。
                  横道もがけ
                  知識がない

④課題(解決するには?) ⇒ 岩を壊す。
              回り道をする。
              周りの人に聞く

⑤具体策(その手段は?) ⇒ 自分が強くなる。物を買ってくる。人を集めて押す。
              地図を見る。魔法で空を飛ぶ
              前の街に戻る。

上記の通り、

担当レベルで抱えている問題は問題点レベルであって、
ここで意味するところの問題ではないことに気づくと思います。

ここで意味するところの問題とは、あくまで「理想と現実のギャップ」であり
基本的には「部署で1つ」定まったものになるかと思います。

そして、そのギャップがなぜ生じているかというと、
様々な問題点があるからになります。

ですので、オリジナリティを出していくのは、この「問題点」からになります。

問題点の大きさを考える。

昇級試験の論文の採点者は、1人で数多くの論文を読んで採点していきます。
かなり労力のいる仕事ですので、

一気通貫、読み返すことのない文章

が必要になります。

ですので、

①目的(理想は?) 
②問題( 現状は?)
③問題点(なぜか?)
④課題(解決するには?) 
⑤解決策(その手段は?) 

の流れでシンプルに書いていく必要があります。

これらの内容を、一気通貫、読み返すことのない文章で書くためには、
ちょうどいい問題点を決めることが重要になります。

下記図は、②問題③問題点④課題⑤解決策関係を図にまとめてました。

②問題は 1つ
③問題点は 複数
④課題は 問題点に対して1つ
⑤解決策は 複数

となります。ここで、

・問題点が小さすぎると、問題点①のように、課題=解決策と担当レベルの問題点になります。
逆に、
・問題点が大きすぎると、問題点③のように、問題点の下に問題点が連なり、話が複雑になってしまいます。

よって、

論文で狙うのは、問題点②のように、問題に対して解決策が2つ程度あるものになります。

↓論文に書くのは、

これくらいのイメージで書くと、読む人が混乱しないですね。

問題点と、解決策をついにする。

また、

一気通貫、読み返すことのない文章

を作るためには、問題点と課題を1対1にすることが重要になってきます。

先ほど例にあげた、勇者の例であれば、

③問題点(なぜか?(複数ある)) ⇒  目の前に岩がある。 
                  横道もがけ
                  知識がない

④課題(解決するには?) ⇒ 岩を壊す。
              回り道をする。
              周りの人に聞く

・岩がある ⇒ 壊す
・横道が崖 ⇒ 回り道をする
・知識がない ⇒ 人に聞く

というイメージですね。
ここまでは1対1で、

岩を壊すためには、
自分が強くなる。物を買ってくる。人を集めて押す。 などの複数の解決策が考えられます。

これらをまとめると

これらをまとめると、

①部署の理想の姿を部方針から読み解く (理想)

②それに対して、現状がどうなっているかを部方針から読み解く (問題)

③その問題が生じている理由をとりあえず書き出す。(問題点)

④問題点の課題を考える (課題)

⑤具体策を考える (解決策)

という形になります。
ここでのポイントは、

①②は自分で考える必要がないこと

③④⑤は規模が大きくなりすぎないように、
まずはアイデアを広げてからコアとなる問題点を抽出する。

ことが重要かと思います。

参考になる図書

これらの問題を考える中で、

【森岡毅】さんの誰もが人を動かせる

を一読されるといいかと思います。

結果として、楽な道はない。という結論にはいきつきますが、

「人間は自己保身に走る生き物」

というキーワードで、
担当者としては誰もが、感じていることを具現化してくれている著になっており、
参考になるかと思います。

ログイン ‹ nujonoa_blog — WordPress

まとめ

今回は、

昇級論文の書き方として、

①答えを導くテクニック

を解説してまいりました。

但し、答えができても、文章になると難しいところがありますので、
是非、こちらの記事も読んで参考にしていただけると思います!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
文章の書き方
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました