【1分で理解】グラフで確認!パートの扶養控除の106万の壁!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【1分で理解】グラフで確認!パートの扶養控除の106万の壁!

妻がパートをすることになったので、
扶養控除について調べたのですが、いろいろ制度書いてあるものの、

・結局どれだけ手取りが減るのか、
・どれだけ働くとどれだけ損になるのか?

が、まったくわからないサイトばかりでした。

そこで今回は、とにかく分かりやすく

「グラフ」を使って説明していきたいと思います!!

年収と手取りの関係をグラフで確認!!!

ということで、早速ですが、年収と手取りの関係をグラフにしましたので、
下記画像をご覧ください!(クリックすると拡大されます)

下記画像は、年収と手取りを表したグラフとなっており、
灰色が手取りを表しています。

扶養控除付近の年収と手取りの関係(106万の壁)

上記の通り、よく言われる「106万円の壁」を超えると
がくっと手取りが下がります。

理由としては、「健康保険料」と「年金」(俗にいう社会保険料)をはらわないといけなくなるからです。

額でいうと、
年収105万円の場合は、手取り104.7万円(住民税だけ少し取られる)ですが、
年収106万円の場合は、手取り91.1万円まで落ちます。

約14万円ダウンです。。

これが俗にいう、106万円の壁です。

106万円を超えるなら、125万円まで働かないと、手取りが同じにならないことになります…

103万の壁とは?

103万の壁とは、住民税がとられ始める年収ですが、
上記の通り、ほぼ影響が少ないことが分かります。

ですので、そこのラインを気にする必要はないかと思います。

106万円の壁が適用される条件

ただし、上記の106万円の壁が適用される条件は、
下記条件を満たした場合になります。

現状では、
・1週間で、30時間以上の労働をしているか、
・従業員数が501人以上、1年以上の契約で、週20時間、学生でないこと

が条件になります。大きな会社で、20時間以上働いていたら払わないといけないというイメージでいいと思います。

上記に当てはまらない人は、130万円の壁

上記の条件に当てはまらない人は、130万円の壁が適応され、
130万円を超えると額っと手取りが減ることになります。

額にして17万円です。学生などの場合、これは結構いたいと思いますので、ご注意ください。

扶養控除付近の年収と手取りの関係(130万の壁)

これらにプラスして、、パートナーの税金が増える。。。

自分自身の収入と手取りの関係は上記の通りでしたが、
実際は、これに加えて、パートナー(夫、妻)の扶養控除額にも影響してくる可能性があります。

配偶者が税金でとられる額は

税金 = ①税収率合計 × ②控除額

パートナーの①所得税率、住民税率は、大まかにこんな感じです。

年収所得税率住民税率率合計年収所得税率住民税率率合計
30010%10%20%80023%10%33%
40010%10%20%90023%10%33%
50020%10%30%100023%10%33%
60020%10%30%110033%10%43%
70020%10%30%120033%10%43%

また、②扶養控除の控除額は、

年収控除年収控除
~10338~16021
~14038~16716
~14536~17511
~15031~1836
~15526~1883

になります。

例えば年収500万円のパートナーがいた場合、
30%×38万円=約10万円の税金の控除がありますが、

年収が140万円を超えると②が、少しずつ減りはじめ、
155万円をこえると、
30%×26万円=7.8万円となり、2万円程度控除される金額が減ります。

といっても、先ほどの106万円の壁に比べると大した額ではないですので、
そこまで考えなくてもいいかと思います。

まとめ

まとめると、手取りのことだけを考えるのであれば、

106万円

が一つのキーとなっており、それ以外は特に気にしなくていいと思います。

ちなみに、その時の手取りは減りますが、
年金としては返ってきますからね!!笑
(82歳まで受け取れたらですが…)

では!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
節約
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました