KINTOはお得!?RAIZE3.9万円で検証!!サブスクシミュレーション!!

計算機
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

KINTOはお得?RAIZE3.9万円で検証!!シミュレーション!!

どんどん進んでいく、定額制サービス「サブスク」
ついにあのTOYOTAまでが仕掛けてきました。

車会社が、所有するものではなく、
「シェアするもの」「借りるもの」と定義づけるのは非常に
大胆不敵だなと思いましたが、未来に向けた試みは応援したいなと思います。

ですが、、、お得か否か、というのは別問題!
ということで、今回は、KINTOはお得なのか???

について、計算機を作成し、
計算してみましたので、その結果をお届けします!

結論!KINTOは高い!が、任意保険が高い人は〇

では、まず結論から。

・KINTOは
「何から何までやってくれる分」普通に買うより約20万円以上高い!!!

・任意保険の等級が低い人はお得かも…

という結果になりました。

・3年後にわざわざ売りに行かなくてもいいこと。
・任意保険が含まれているので、保険料が高い人はお得になる可能性がある。

のが一番のメリットだと思いますが、
この差額をどうとらえるかですね。。。

それでは、計算結果を紹介していきます。

計算結果(シミュレーション結果)

ローンで購入した場合と、KINTOで購入した場合の結果は、
下記計算機の通りです。

ローンは、7年間で返済、金利4%(ディーラー金利レベル)で計算しています。

毎月の返済額

まずは、毎月の返済額を見ていきましょう。
KINTOは毎月4万円で一定です。

それに対して、ローンで購入した場合、
3.44万円と約5千円浮いてくることになります。

内訳は、

・ローンの毎月の返済額: 2.62万円/月 (新車175万+税諸費用29万の7年払い)
・任意保険料: 0.42万円/月=5万円/年
・維持費の積立: 0.27万円/月=10万円/年
・自動車税(2,3年分): 0.16万円/月=2.95万円/年×2/3年

となっています。

総額と3年後

総額にして、kinot143万円に対して、
ローンの場合は、124万円の支払いとなります。
ですので、

ローンの方が19万円お得になります。

が、ローンの場合は、
「ローンの残額116万円の車が残った状態になります。」

ですので、
116万円以上で売れるかどうかが重要です。

中古車情報のサイトで、価格の変動を追うと
人気車種( アクアの買い取り額 )で1年間で7%程度の値下がりがあるようですので、
少し多めに見て10%で計算したいと思います。
※toyotaは安定して下取りも高いですね。

レイズは新車価格が175万円ですので、
70%とすると122万円で売ることが可能になります。

よって、ローンの方が

3年目までの支払額の差19万円+中古で売った場合の差6万円=計25万円

お得になる結果となりました。

複数の会社が競うから高額査定!一括査定.com

KINTOの方がお得になるケース

JayMantriによるPixabayからの画像

以上の試算より、普通の使い方をしている場合、
kintoの方が高い結果となりました。

しかし、上記の計算から、kintoの方がお得になるケースが見えてきましたので、
紹介したいと思います。

①任意保険料が高い場合

毎月の返済額の差は5千円でしたが、
その前提の中で、ローン返済の
任意保険料は 0.42万円/月=5万円/年 としておりました。

任意保険を10万円/年とした場合、毎月の返済額は5千円増えることになりますので、
ほぼKintoとの差は消えます。

自損事故も含めた場合の、自動車保険は非常に高く、
等級が低い場合、もっと高額になる場合があります。

また、25歳以下になると自動車保険は高くなります。

よって、初心者かつ若者などで、10万円/年を超える
自動車保険料が必要な人はkintoに入っておくと安心かもしれません。

※試しに上記の計算機の自動車保険を10万円にしてみてください。

②距離を多く乗る人

kintoの走行距離は、月間走行距離(1,500km)×36=54,000kmとなっております。
また、それ以上乗った場合、1km×10円の支払いが必要になります。

毎年2万キロ乗る人は、6000km超過ということになりますので、
6万円の超過料金になります。

一方、ローン払いの場合、3年間で6万km乗ると、
少々査定額が落ちてくる可能性があります。

毎年15%下がると仮定すると、175万円×55%=96万円となります。
3年後のローンの残額が116万円でしたので、
車を売った際に▲20万円の赤字となります。

もっと査定額が下がる可能性も考えられますので、
距離を多く乗る人にとって見ると、
kintoの方が有利になる可能性があります。

③変わった色の車に乗りたい人

中古車の査定において、「色」は大きなリスクになります。

「黒」と「白」(ぎりぎりシルバー)以外は結構査定にひびきます。
ピンクのクラウンなんて、、、乗りたくないですよね。。

実は色だけで、査定価格がざっと10万円変わってくることもざらですので、
変わった色の車に乗りたい場合は、kintoを選ぶ価値がある。

と思います。

④維持費もっとかかるよ。と思う人。

新車で買って最初の3年間では、
ほぼほぼ維持費がかかった思い出がないので、
維持費の積立: 0.27万円/月=10万円/3年
としております。

車検もないので、これだけあれば十分かなと思いますが、
3年で、30万円かかると思う人は、kintoとトントンな結果になると思います。

複数の会社が競うから高額査定!一括査定.com

逆にもっとローンをお得にする方法

逆にもっとローンの場合をお得にする方法は、
銀行でマイカーローンを借りることです。

先ほどは4%で計算しましたが、2%で計算すると、
支払総額118万円、ローン残高113万円と4%の時に比べて、
9万円ほどお得になります。

大きな買い物だからこそ、一手間かけてみてもいいかもしれません。

まとめ

TOYOTAの新しい試みである、KINTOについて調べていきましたが、
やはり、いい線ついてきますね。

微妙にサービス料を取る感じ、、
なんか、めんどくさいからKINTOでいっかって思わせる価格帯になっていると思います。

車は、「家」「保険」の次ぐ大きな買い物の一つです!
計算機を用いて、自分のプランにあった内容を確認してみてください!!

複数の会社が競うから高額査定!一括査定.com

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました