スポンサーリンク

ローレル指数(子供版BMI)計算機~

この記事は約2分で読めます。

成長期の子供は、大人と同じように、
BMIで肥満度を判断することができません。
その代わりにローレル指数という指標があります。

・体重と身長を入力してください。

・ローレル指数と判定結果を表示します。
 また、そのローレル指数を用いて適正な体重の範囲も表示します。
 ※参考までにBMIでの判定も行います。

スポンサーリンク

ローレル指数(子供版BMI)計算機~肥満と適正体重

ローレル指数とは

ローレル指数とは、「成長期の子供の肥満の程度」を表す指標となっており、

ローレル指数 = 体重/身長3×107

となっている。標準が130となっており、その前後15が適正体重である。
その他判定は下記の通りである。

ローレル指数判定
100未満 やせている 
100以上 115未満 やせぎみ 
115以上 145未満 普通 
145以上 160未満 肥満ぎみ 
160以上 肥満

成人に対して用いるBMIは(BMI=体重/身長2×104)身長の2乗で割るのに対して、
ローレル指数は身長の3乗で割るため、慎重に対する寄与度が高く、
性別によって大きく変わってしまうという欠点があり、
最近はそこまで使われなりました。

元々ちびでぶで、いつも太りすぎ判定を受けていた僕ですが、
次第に痩せていき、今では普通の体系です!

成長期なので、あくまで参考にするだけで、そこまで気にする必要はないと思います。

BMIなどについてはこちら↓

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました