子供の学費と必要な積立額計算機|生涯合計|公立・私立シミュレーション

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

子供の幼稚園~高校までの
学費・通学費・塾代・その他習い事代を計算します。

「公立・私立」を選択してください。

費用の合計と、毎月必要な積み立て額が計算されます。
※初期値は、 平成28年度子供の学習費調査 の平均値を使用しています。
 詳細計算も表示していますので、各費用の変更も可能です。

スポンサーリンク

子供の学費と必要な積立額計算機|生涯合計|公立・私立シミュレーション

子供の学費のシミュレーションができる計算機を作成してみました。

各費用について

・学費
・通学費
・塾代
・その他習い事代
を計算しています。

初期値は、 平成28年度子供の学習費調査 の平均値を使用しています。

すべて公立に行く場合と、私立に行く場合で、
「1238万円」も違う結果となっています。。

その中で、特に小学生だけで175万⇒894万と719万円も違うようです。

各費用の変更

費用は、詳細計算で変更できますので、ご確認ください。

特に通学費などは、家の事情によって違うでしょうし、
その他習い事に関しても、大きく変わってくると思います。

学費等の積立額

生まれてきた時から、
子供の学費などの費用を積み立てて置いた時の場合の
毎月の積立額を計算しています。

単純に、合計の費用を、18年間で割っただけですが、
事前に備えておくことが重要だと思います。

まとめ

すべて公立なら、生まれてから18歳まで
毎月2.3万円の貯金で高校までの費用は補うことができるようです。

それに対して、私立の場合、生まれてから18歳まで
毎月8万円も積み立てないといけないようです。。

かなり家庭のお金事情が変わってくると思いますので、
慎重にお選びください。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました