楽天銀行マネーサポートからエクセルで家計簿を作成!自動入力も!

計算機
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
スポンサーリンク

楽天銀行マネーサポートからエクセルで家計簿を作成!自動入力も!

昨今、「QR決済」「クレジットカード決済」などが増えてきたことで、

「お金を使いすぎる!」
「お金の管理ができない!」

といわれていますが、
実際のところどうなのでしょうか?

確かに、お財布から現金を出すとお金を使っている感覚が大きいので、
支出が抑えられる可能性がありますが、
実際に何に使ったかレシートを整理しないとわからなくなります。

しかも、ネット通販も増えましたし、ポイント付与なども考えると、
高額な商品を買う時に、「クレジットカード」を使わないという選択肢は
考えられない時代になってきていると思います。

では、これらの時代にあった家計簿とはどのようにすべきか、
それは、

・基本的にクレジットカードや、PAYPAYなどを使い、
 収支の振り分けを自動化する。(なるべく手間を無くす)

・振り分けられなかったところを、自分で振り分けることで、
 自分の使ったお金を確認する。(お金を使っていることを自覚する)

システムが一番合っているのではないかと思います。

そしてそれを

1ヶ月ごとに行う!!

ことで、現金であろうが、クレジットカードであろうが、
きちんと出入りを「把握する」ことが大事になってくると思います。

そこで今回は、楽天銀行のマネーサポートを使って、
家計簿を簡単につけることのできるエクセル(スプレッドシート)のファイルを作成しましたので、是非使ってみてください!

マネーサポート→家計簿置き換えファイルの紹介

ファイルの説明は後述しますので、
まずは、ファイルをダウンロードして、ザックリと眺めてみてください。

毎月の収支を「例」のように分類していくことで、
どこにどれだけお金を使っているか、把握することができます。

ファイルのアウトプットを確認

ダウンロードいただいたファイルは、2段構成になっており、
まとめシートと、詳細シートで構成されています。

①まずまとめシートですが、
下記のように、各月で何にどれだけ使ったかを一目で見ることのできるシートになります。表題も自由に変更可能ですので、自分の収入、支出にあったものに変更可能です。

②詳細は、各月シートに分かれており、
 日付、内容、金額が表示され、自動分類された項目以外を手動で分類していきます。
 この結果が、まとめシートに飛ぶことになります。 

ファイルの使い方

ファイルの使い方を説明していきます。

まずは、詳細シートの説明です。

①マネーサポートからのCSVデータをダウンロード。

②対象の月の貼り付け位置に張り付け(左上の黄色色のセルになります。)

③自動振り分けされた行は緑色に表示されます。

④自動で入力されなかった項目に関しては、自分で入力していきます(「1」を入力)。

⑤結果、がサマリに表示されます。

自動入力、自動振り分けについて

よく使用するスーパーなどに関しては、
サマリシートの水色セルに、クレジット明細で出てくる名前を入力しておけば、
自動で振り分けされます。

たとえば、外食の欄の水色セルに「スシロー」と入力しておけば、
クレジット明細にスシローとは言っている場合、自動で振り分けされます。

まとめ

このフォーマットを使うことで、月1のフォローで家計簿が簡単に作成されます。

何となく、お金使った気がするな~が、目に見えることによって、
ヤバイ、お金使い過ぎた… という気持ちに変わります。笑

ぜひぜひ、一度家計簿をつける参考に、使ってみてください!!

コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
計算機FP(家庭のお金)
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました