<スポンサーリンク>

【エクセルで簡単FP】入力2分でライフプランを作成!自分でいじれるから理解がすすむ!!

家計の計算
この記事は約4分で読めます。
コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
スポンサーリンク

【エクセルで簡単FP】入力2分でライフプランを作成!自分でいじれるから理解がすすむ!!

<スポンサーリンク>

エクセルで簡単にFPできるファイルを作成しました!!!

ぜひ使ってみてください!

この資産ファイルで、出来ること!

ライフライクルの収支を確認

まずは基本的なところですが、ライフサイクルでの収支を確認できます。

定年までの収支を確認できる

定年するまでの収支の内訳を確認することができます。

下記の場合、収入が2.4億円、変動費9370万円、固定費+子供費用1.3億円で
収支が1767万円残ることが分かります。中身が見えるので、どこを落としていけばいいのかを見て取ることが可能です。

定年までの支出の内訳を円グラフで表示。

定年までの支出の内訳を円グラフで表示します。

ありそうでなかった機能だと思います。
これを見ることで、ざっくりとどの項目にお金がかかりすぎている(気がするか?)を確認することが可能かと思います。多いと感じるところは節約のねらい目になってくるかと思いますので、確認することをお勧めします。

子供にかかる費用が分かる

私立公立、大学、習い事、仕送り等を入力することで、子供1人当たりにかかる費用が分かります。

例えば下記の試算結果の場合、
下記の場合、子供1人1500万円~2000万円かかることが分かります。
内、大学関係が1,000万円と大きく費用が掛かることが分かります。

おおまかな毎月の収支がわかる

5年毎の大まかな月の収支を把握することが可能です。
車や学費などの積立を除く収支と、積み立てを含む収支を確認可能です。

その他、住居費、車費、大物家電などの費用などの計算

その他、住居費や車など大きくお金がかかってくるものに関しても、表示させています。

入力する内容

入力する内容は、2分程度で終わるものとなっており、
下図の肌色の部分を入力していってもらえれば計算されます。

①親の情報

まずは、親の情報からです。

・現在の貯金を入力
・生涯平均年収を入力 → 賃金は平均の賃金カーブで計算されます。
・現在の年齢と退職年齢を入力
・親2は産休、育休時の年収率を入力してください。
・退職金があれば入力してください。
・保険、お小遣いを入力してください。

②子供の情報

子供の情報を入力してください

・年齢を入力(予定の場合はマイナスで入力してください)
・保育園~大学まで、公立か私立かを選んでください。
・塾や習い事に行かせる場合は、金額を入力してください。
・大学に行かない場合は、空白にしてください。
・お小遣いを入力してください。

③住居の情報

住居の情報をインプットしてください。
・賃貸の場合、各フェイズでの住居費を入力してください。
・家を購入する場合、購入予定日を入力、各種情報を入力してください。
 (ローンなどは自動で計算されます)

④現在の支出額と車、大物家電リフォームの入力

現在の支出と、車や、大物家電、リフォームの入力をしてください。

・親1を入力すると、親2,子供もそれに応じて自動計算するようにしておりますが、
必要に応じて変更ください。
・使途不明金は10%としております。必要に応じて変更ください。

・車は金額、購入間隔、車検費用、保険費用、駐車場代を入力ください。
・大物家電、リフォームは、金額と間隔を入力ください。
※1戸建ての場合、最低限行うべきシロアリ、壁の塗り替えは維持費に計上してあります。

ダウンロードファイル

ファイルは下記の通りとなります。
ダウンロードしてお使いください。

試算例

下記記事に、試算例を紹介しています。
思った以上に普通の生活するのは厳しい結果となっております。。。。

ぜひ参考にしてみてください。

コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
家計の計算FP(家庭のお金)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>
タイトルとURLをコピーしました