企業型DCで10万円×30年=300万節税しよう!!

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
スポンサーリンク

企業型DCで10万円×30年=300万節税しよう!!

企業型DC(確定拠出年金)で節約!!!

企業DC(確定拠出年金)って、

・あんまりいい投資信託にできないし
・60歳まで使えないし。。。

と、まったく興味なかったのですが、
よく見ると、、、節税効果が高すぎる制度でしたので、
是非紹介していきたいと思います!!

節税効果を計算!!

まずは、実際に下記の計算機で、節税効果を確認してみてください!

年収と、月の積立金を入力すると、節税効果を簡単に計算することができます!!!

(確定拠出年金は満額で月々2.75万円になります)

企業DC(確定拠出年金)って??

企業DC(確定拠出年金)って、何となく、

・退職金を投資に回そう!!

ってイメージが強くて、なんかうさんくさい。
なんでこんなことやらないといけないの?

って、疑問に思う方が多数だと思います。

実際に、年金の制度が壊れてきてるから、個人年金で自分のお金作ってね。

と、国が作った制度になります。

僕も疑問に思った一員で、特に何の気もなしに最低額つっこんでたんですが、
昇進に伴い、様々な費用を見直していたところ、

これって、すごい節税効果高くない???ってことに気づきました!!

その効果は、年間10万円を超える場合もあります!!

余裕資金があれば、絶対にやるべきことだと思いますので、
その効果を説明していきたいと思います!

節税効果の計算

まずは、年収と手取りの関係を表にまとめてみましたので、確認ください!

・年収400万円の場合、社会保険料+税金で78万とられて手取りが322万円
に対して、
・年収450万円の場合、社会保険料+税金で90万とられて手取りが360万円

となります。

年収が50万円あがったのに、手取りは、38万円しか上がっていない・・・
この差の12万円は何か??
それが、社会保険料と、税金が増えた分になります。。。

年収手取り手取り/年収社会保険料所得税住民税
40032281%52917
45036080%591120
50039779%651524
55043379%721827
60047078%782130
65050678%852634
70053877%913338
75057076%984141
80060275%1044945
85063475%1115749
90066474%1176553
95069573%1247458
1,00072573%1308362

では、ここで、年収450万円の人が、50万円確定拠出年金に突っ込んだとしたら、、
どうなるかというと、

年収450万円ですが、確定拠出年金には税金がかからないので、
年収400万円の人と同じ、税金になる。

・年収450万円の場合、社会保険料+税金で90万とられて手取りが360万円

・年収400万円の場合、社会保険料+税金で78万とられて手取りが322万円
 +確定拠出年金50万

となり、手取りが360万円に対して、372万円と12万円もアップすることになります!!

ただし、確定拠出年金50万円は60歳以上まで使えないけどね。

ということになります。

要するに、

「今、38万円(50万円(拠出額)-12万円(減税額))払えば、
 60歳で50万円もらえるよ!」

という先行投資になります。

よく言う利回りで行くと、
・30歳で残り30年の方で、0.9%
・40歳で、残り20年の方で、1.4%
・50歳で、残り10年の方で、2.8%
・55歳で、残り5年の方で、5.6%
の投資になります。
しかも、国債に突っ込んでおけば、ほぼ100%保証です。

60歳まで残り利回り60歳まで残り利回り60歳まで残り利回り
300.9%201.4%102.8%
291.0%191.5%93.1%
281.0%181.5%83.5%
271.0%171.6%74.0%
261.1%161.7%64.7%
251.1%151.8%55.6%
241.2%142.0%47.1%
231.2%132.1%39.6%
221.3%122.3%214.7%
211.3%112.5%131.6%

余裕資金があり、どうせお金が余る予定なのであれば、
特にラスト10年では、絶対にやっておいた方がいい制度ですね!

さらに、年収の高い人は効果がえぐい。

さらに、課税率の高い年収の人であれば、もってえぐい計算結果になります。

例えば、年収900万円の人が25万円つっこむと、税金は10万円バック。
その場合は、下記の通り、確実に2%弱で運用ができることになります。
50歳以降だと、効果がえぐいですね。

そりゃ、59歳で25万払って税金などが10万円還付、
1年後25万円受け取れるんですから。。。やらない理由がないですよね。

60歳まで残り利回り60歳まで残り利回り60歳まで残り利回り
301.7%202.6%105.2%
291.8%192.7%95.8%
281.8%182.9%86.6%
271.9%173.1%77.6%
262.0%163.2%68.9%
252.1%153.5%510.8%
242.2%143.7%413.6%
232.2%134.0%318.6%
222.3%124.3%229.1%
212.5%114.8%166.7%

簡易計算はこんな感じですが、、

実際のところ、
普通の企業だと「毎月2.75万円」が上限となります。

よって、「年間33万円」がマックスになります。

33万円満額つっこんだ場合、

・~年収420万 → 7.6万円/年
・420万~630万 → 8.7万円/年
・630万~660万 → 10.9万円/年
・660万~850万 → 11.9万円/年
・850万円~1,080万円 → 12.9万円/年
・1080万円~ → 13.8万円/年

の効果があります。平均年収630万円以上の人が、30年間やったら、
10.9×30=327万円も節税できることになります!

デメリット。厚生年金が減る

ただし、デメリットが1点!

厚生年金の掛け金が減るので、その点はご了承ください!

厚生年金の計算は、
・平均年収×年数/40×1.8/100万円/月
になります。

上記の通り確定拠出年金に満額かけて、平均年収が33万円減ったとすると

・▲33×30/40×1.8/100≒▲4500円/月

減ることになるので、65歳から~90歳まで生きたとして、25年間で、

・▲4,500×12×25=135万円/年

減ることになります。
平均年収630万円の人は差し引きで、

327万円-135万円=+192万円

の得という感じですね!!
しかも327万円は60歳でどんともらえて、年金は徐々に徐々になので、
お金の価値から考えても、確定拠出年金の方が何倍も効果がありそうです。

まとめ

確定拠出年金の節税効果は非常に大きく、

33万円満額つっこんだ場合、

・~年収420万 → 7.6万円/年
・420万~630万 → 8.7万円/年
・630万~660万 → 10.9万円/年
・660万~850万 → 11.9万円/年
・850万円~1,080万円 → 12.9万円/年
・1080万円~ → 13.8万円/年

もの効果がある!!30年間で300万円以上の節税が可能!!

ただし、60歳まで使えないので、そこだけ注意してください!!!

ということになりました!
是非、これを参考に、余裕資金がある人はぜひ検討してみてください!

コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資/FP(家庭のお金)節約FP(家庭のお金)年金関係
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました