確定拠出年金(企業型DC)の節税効果の計算機

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー

・年収を入力してください。

・確定拠出年金の月額

を入力してください。

確定拠出年金の節税効果が計算できます。
(ただし、確定拠出年金は60歳まで下すことができませんのでご注意ください。)

スポンサーリンク

確定拠出年金(企業型DC)の節税効果の計算機

確定拠出年金の節税効果を計算しました!

確定拠出年金は、「投資」というイメージでしたが、
これを見ると、節税のためって感じですね。。

ちなみに自己破産したら。。

ちなみに、60歳からしかもらえない!今すぐ現金化できない!

ということで、自己破産をしたら。。。という最悪のパターンですが、

「確定拠出年金」は、破産でとっていかれる財産からは「対象外」となりますので、
破産したのに、なぜか60歳に積み立てておいたお金は手に入ることになります。

もし30万円/年×30年=900万円積み立てて置いたら、
破産したけど、60歳で900万手に入ることになります。

確定拠出年金は、確定拠出年金法第32条で、「給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差し押さえることができない。ただし、老齢給付金及び死亡一時金を受ける権利を国税滞納処分(その例による処分を含む。)により差し押さえる場合は、この限りでない。」となっています。
よって、確定拠出年金は差押禁止財産となり、自由財産に分類されます。

ですから、ご相談者さまが自己破産をしても、確定拠出年金も厚生年金も破産手続きで債権者にとられることはなく、60歳になったら支給されますのでご安心ください。

https://www.sakura-sogo.jp/column/enterprise/dc/4989/

このお金があったら破産しなかったかもしれないのに!!
と、後悔はあるかもしれませんが、多分この積み立てたお金があっても、
それを使っていただけと考えると、絶対に使わないお金として、
企業DCに入れておくのも手だと思います!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました