エアコンの買い替えシミュレーション|省エネエアコンはどれくらいお得か計算!

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

・エアコンの本体価格
・期間消費電力量
・使用状況(暖房も使うか?)
・買い替え期間 を入力してください。

どちらがお得になるか計算します

スポンサーリンク

エアコンの買い替えシミュレーション|省エネエアコンはどれくらいお得か計算!

エアコンの買い替え時に迷うのが、

・高いけど省エネエアコンにするべきか…

ということろだと思います。
そこで今回は、電気代も込みでどちらがお得になるかを計算できる計算機を作りました!

電気代の計算

期間消費電力量は、カタログやウェブでご確認ください。
下記のようなラベルがある場合は、左上に表示があります。

この消費電力は、下記条件において計測された電力になります。
あくまで東京基準ですので、
もっと寒い地域は、冬の消費電力は大きくなります。

一般社団法人 日本冷凍空調工業会|関連製品|家庭用エアコン
一般社団法人 日本冷凍空調工業会は、家庭用エアコンのご紹介です。

冷暖房について

実はエアコンは、「暖房時」の方が電気代がかかります。

これは、下記の単純な計算で理解できます。

冷房の場合、 外気が35℃⇒27℃に冷やす 温度差8℃
暖房の場合、 外気が0℃⇒20℃まで温める 温度差20℃

一般的に、冷房:暖房=4:6くらいの電気代がかかるといわれているようです。

暖房を使わない人は省エネエアコンは損。

寒い地域の人は、暖房はストーブを使うなどをして、
エアコンの暖房を使わない人もいると思います。

上記の計算機で暖房の有り無しを計算してもらうとわかると思いますが、
エアコンの暖房をあまり使用しないという人にとっては、
電気代の差はあまり生まれてきませんので、
電気代の差額で本体代の回収は難しいと思います。

まとめ

省エネエアコンを買う際は、

一度冷静になって、自分の使用条件に照らし合わせて購入することをお勧めします!

電気代でトントンになるようであれば、
省エネエアコンは自動掃除機能などいろいろな機能がついていると思いますので、
省エネエアコンを買ってみてもいいかもしれませんね!

楽天でエアコンを検索!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました