【保険の見直し】保険1.5万円→0.5万円に1万円圧縮!団信を使った保険の見直しについて

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

保険を1万円圧縮!1.5万円→0.5万円に!団信を使った保険の見直しについて

突然ですが、あなたは自分がどのような保険に入っているか分かっていますか?

具体的には、

・もし、あなたが死んだら、家族にどのような遺産が残せますか?

・もし、あなたが働けなくなったら、家族の暮らしはどうなりますか?

・もし、あなたががんと宣告されたら、家族の暮らしはどうなりますか?

・もし、あなたが入院したら、家族の暮らしはどうなりますか?

この問いに答えられるでしょうか?
いろいろと保険に加入する時には、説明を受けて理解したはずなんだけど、、

という人が多いのではないでしょうか?

今回は、住宅購入を期に保険を見直し、1万円圧縮することができましたので、その方法をご紹介したいと思います。

プロフィールと保険の内容について

まずは、簡単に僕のプロフィールを紹介させていただきます。

・30代前半
・妻(育休中) ・子供1人

で、約4500万円のマイホームを頭金なしで購入しました。

もともと入っていた保険は、

・収入保障保険 3600円
・死亡保険(終身) 5500円
・入院特約 2000円
・がん保険(終身) 2700円
・その他先進医療など 200円
———————————-
合計    1,4000円

です。

入っている内容としては、

・もし、あなたが死んだら、家族にどのような遺産が残せますか?
 収入保障保険で、毎月10万円家族に入る。
 死亡保険で、300万円が一括で家族に入る。
 ※保険以外で遺族年金が12万円/月(子供が18歳まで)入るので、22万円/月残せる。

・もし、あなたが働けなくなったら、家族の暮らしはどうなりますか?
 毎月15万円家族に入る。

・もし、あなたががんと宣告されたら、家族の暮らしはどうなりますか?
 一括で100万円もらえる。

・もし、あなたが入院したら、家族の暮らしはどうなりますか?
 入院1回で、10万円もらえる。
 ※高額医療費控除で最高10万円程度の支払なので、実質負担なしにできる。

という内容です。

では、これを住宅ローンの団信を使ってカバーしていけるのか見ていきましょう!

住宅ローンの団信でカバーできる内容とは?

住宅ローンの団信とは、

「死んだときに住宅ローンの残高が0」

になる保険です。

また、
・がんになったらローンが半額免除になったり
・働けなくなったら、その月の支払いは免除になる、
・長いこと働けなくなったら、ローンの支払いが免除になる
などの特約を付けることができます。

例えば、住信SBIネット銀行の場合、変動金利最安値の0.4%程度で

・死んだときのローンは0円
・8代疾病の場合、その月の住宅ローン免除
・その他けがで3カ月働けなかった場合、3か月後からその月の住宅ローン免除
・8代疾病で1年間働けなかった場合、住宅ローン支払い免除
・その他けが等で2年間働けなかった場合、住宅ローン免除
・重度のがん(ステージ4レベル)で住宅ローン支払い免除
・余命6ヶ月宣告で住宅ローン支払い免除

となります。

4000万円、35年でこの住宅ローンに入っていたとすると、
毎月のローンは10.23万円になりますので、

・もし、あなたが死んだら、家族にどのような遺産が残せますか?
 住宅ローン免除=毎月10万円の手当が残りの年数のこせる。

・もし、あなたが働けなくなったら、家族の暮らしはどうなりますか?
 8代疾病なら、毎月の住宅ローン毎月10万円の手当あり。
 その他けがなら3か月目から、毎月10万円の手当あり。

・もし、あなたががんと宣告されたら、家族の暮らしはどうなりますか?
 特になし。(重度であれば、住宅ローン免除。=毎月10万円の手当)

・もし、あなたが入院したら、家族の暮らしはどうなりますか?
 働けなくなったらと同様。

ということで、死亡保障と、働けなくなった時の保証は住宅ローンの団信で代わりにつけることができました。

では、次に楽天銀行を見てみましょう。
楽天銀行は、0.527%と少々高くなりますが、

「がん50%特約」がつきます。
これは、「がんと宣告されるだけ」で住宅ローンの残高が半分になる保険です。

また、どんな病気、けがでもその月の15日間働けなかった場合、その月の住宅ローンが免除になります。

よって、

4000万円、35年でこの住宅ローンに入っていたとすると、
毎月のローンは10.43万円になりますので、

・もし、あなたが死んだら、家族にどのような遺産が残せますか?
 住宅ローン免除=残りの年数毎月10.43万円の手当がのこせる。

・もし、あなたが働けなくなったら、家族の暮らしはどうなりますか?
 月に15日間働けなかったらその月のローン返済免除=10.43万円支給
 住宅ローン免除=残りの年数毎月10.43万円の手当がのこせる。

・もし、あなたががんと宣告されたら、家族の暮らしはどうなりますか?
 ローンの半分免除、=残りの返済年数、毎月5.21万円の手当が残せる。

・もし、あなたが入院したら、家族の暮らしはどうなりますか?
 働けなくなったらと同様。

となります。どうですか?

現状入っている、ほぼ全部の保険をカバーしているといっても過言ではないのではないでしょうか?

ということで、表に整理してみる。

ということで、上記の結果を表に整理してみます。

保険適用時現状の保険団信
死亡時毎月10万円
+一括300万円
ローン免除
=毎月10万円
働けなくなった時毎月15万円1年間働けないとローン免除
=毎月10万円
がんの宣告一括100万円半額ローン免除
=毎月5万円
入院1回10万円15日間働けなかったときは
その月ローン免除
金額14000円2000円

・死亡した時、
毎月10万円は変わらず、終身保険で入っている一括300万円だけ保証が違います。
・生涯が残って働けなくなった時は、
今の保険だと毎月15万円ですが、団信だと10万円となります。
・がんの宣告をされたときは、
一括でお金をもらうことは不可能ですが、ローンが半額になりますので、相当な額を受け取りことが可能です。一括分は、ローンが減る分、貯金を切り崩せば十分補填できると思います。
・入院した時、
入院した時は15日以上働けなければ、その月のローンは免除になります。よって、10万円程度の保証が入ってくると考えて問題ないでしょう。

結果として、ほぼ民間の保険はほぼ要らない結果となりました。

デメリットは?

この団信を使った保険のデメリットは

「やめることができない」

という点になります。
毎月2000円の上乗せなので、そこまで大きくのしかかってくるものではありませんが、保険と違ってやめることはできません。

そこだけ注意をお願いしたいと思います。

まとめ

家を買いたいけど、正直これからの支払いが不安だな。

と思ったら、まず、保険の見直しを考えてみてください。
子供もできるタイミングだと思いますので、かなり手厚い保険に入っているのではないでしょうか?

団信を上手く使うことで、10000円の保険→2000円程度でつけることができます。

8000円浮くと、毎年10万円、35年間で350万円も得をすることができます!!

ぜひぜひ、団信をきちんと確認して、いい保険に加入してください!!!

保険の話のまとめサイトになります!ぜひ参考にしてください!↓

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました