【まとめ】保険の話まとめ!結局は住宅ローン団信にまとめました。

保険の話
Steve BuissinneによるPixabayからの画像
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー

スポンサーリンク

【まとめ】保険の話まとめ!結局は住宅ローン団信にまとめました。

・30歳くらいで

・結婚して

・保険を真剣に考え始めた!

そんな人に向けて、保険の話をまとめました!

実は保険は、生涯でお金使うランキング

1位 家
2位 車
3位 保険

と、3位に位置しており、何も考えずにはいると1000万円以上支払う必要があります。。

保険は、何も考えずに、掛け捨て保険などこみこみで、
30代で月に2万円、40台で月に3万円、50代で月に4万円払うとすると、

2×12×10=240万円
3×12×10=360万円
4×12×10=480万円 計1080万円

僕の場合は現在、紆余曲折ありましたが、5千円/月、トータルで、

0.5万円×12か月×30年=180万円

に抑えることができました!

正直考えるのはめんどくさいですが、
少し考えただけで800万円もコストダウンを達成してます。

将来のことを考えるきっかけにもなりますし、

ぜひこの機会に一度見直してみてはいかがでしょうか!

プロフィールと、保険の内容

32歳1児のパパである、僕は

・友達の紹介でプルデンシャル生命に加入。

・住宅ローンで補えることが分かったので、終身保険以外は、すべて住宅ローンの団信にしました。

という流れになります。

実際、プルデンシャル生命の担当の方にいろいろと教わって、保険の話に興味を持ち始めたことから、色々と将来のことを考えるようになり、このブログも始めました。笑

将来のライフプランから、どれくらい貯蓄できるかまで、ざっくりと計算してくれますし、一度相談してみてもいいかもしれませんね!

正直、保険会社はどこでもそんなに保険料は変わらない。

結局いろいろと調べて、分かったことは、

どの保険会社で入っても、同じ保険内容であれば、そこまで保険金は変わらないです。

ですので、それよりも、

それよりも、どんな保険に入る必要があるのか?

を考える必要があります。

まずは、きちんと保険の種類を勉強しましょう!
※日本の「漢字の」保険会社は掛け捨てしかありません。。。

特にお勧めは収入保障保険

基本的に掛け捨ては90%損をしますし、がん保険、医療保険は、その時にたまっている貯金でどうにかなりますので、なしでいいと思います。

が、
月々4千円程度で、万が一の場合月10万円受け取ることのできる収入保障保険は

勝手に補償内容が最適化されていく保険

となっておりますので、一番手軽に、そして意味のある保険になると思います。

ご家族で話し合いをして、額を調整してもいいと思います。
あくまで貯金がたまるまでは、高めに設定という手もありますね!

各社の保険料比較

どこの保険会社でも保険料はいっしょだよ!といいつつ、
そこは調べないと気が済まないものですよね。。

僕もいろいろな会社を徹底的に調べました。

会社をそろえずに入れば、もっと安く入れるのかもしれませんが、請求先が分からなくなるわ、ネット保険は担当者はいないわで、家族に伝えておくのも大変ですね。。

まず、第一に何かあった時に「きちんと受け取れること!!」

それが、保険の第一条件です!
プルデンシャルは高いといわれていますが、そこまで考えると総合的に見てバランスの取れた、結構いい保険になると思います。

ほぼほぼ補償は、住宅ローンの団信でまかなえる

と、もともとは、プルデンシャルの保険に入っていた僕ですが、マンションの購入に伴い、

楽天銀行の住宅ローンの団信

に切り替えました!
4500万円のマンションですが、

・がんになったら、半額返済しなくていい
・死んだら全額返済しなくていい

と、これはまさしく収入保障保険だ。

ということで、終身以外の保険はすべて切って入りなおしました。

かなりいい決断をしたと思いますので、ぜひ読んでみてください!!

老後資金について

終身保険や、個人年金保険を使って、

老後資金をためようと思っている人もいると思います。

そこで、老後資金についてもまとめてみましたので、ご覧ください。

本当に必要になるのはいくらなのか、自分のライフスタイルに合った計算をしてみてください!

年金が減っていく、年金2000万円問題についてはこちらの記事をどうぞ

まとめ

保険って何となく入っておくべきものかなと、

何の気なしに入って放置してしまいがちですが、

正直無駄です。

これを期に、

「死んだとき」「けがしたとき」「病気になったとき」「働けなくなったとき」「がんになったとき」

そんな、さまざまな状況において、本当に必要な保証の内容を家族の方と相談しておきましょう!!

コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
保険の話
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました