住宅ローンの適正な返済率は?借入可能額の計算|年収、毎月の返済額のシミュレーション

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

・年収と、毎月の返済額を入れてください。
 ※毎月の返済額は35%を超えないように設定してください。
  (フラット35では年収の35%が上限といわれています。)
  一般的には20%~25%までが余裕のある生活ができるといわれています。

・借入期間と金利を設定すると、借りることができる元本を計算することができます。

スポンサーリンク

住宅ローンの適正な返済率は?借入可能額の計算|年収、毎月の返済額のシミュレーション

住宅ローンの借入可能額を計算します。

借入可能額について

借入可能額は、一般的に年収の35%が上限といわれています。

しかし、35年ローンで35%上限で住宅ローンを借りるとなると、
年収500万円の場合、固定金利1.1%で5000万円の家が買えることになります。

しかし、
・約20%が税金と社会保険料で引かれ、手取りで400万円。
・ここから35%返済に充てるとすると、400-175=225万円
・親子3人、節約して衣食で毎月10万円としても225万円-120万円=105万円。
+家の維持費、マンションの管理費、駐車場代などを考えると、
 ほぼ貯金ができないor遊ぶお金のない生活になると思います。

借入可能額は、自分の生活に当てはめて考える。

上記の計算式から、借入可能額は、銀行から借りられる上限で定めるのではなく、
自分の暮らしをよく考えて、身の丈に合った借入額を考える必要があると思います。

具体的には、下記の式に当てはめて計算されることをお勧めします。

年間の返済額の上限
=生涯の平均年収
ー税金(平均年収×20%)
-固定費・遊び代(4万円×12か月×人数)
ー車代(50万×台数)
ー目標の年間貯金額

例えば、
・現在の年齢が30才。
・これからのサラリーマン生活の生涯年収は600万円
・リタイア(65才)のタイミングで3000万円程度貯めたいと考えている場合

年間の返済額の上限
=生涯の平均年収  600万円
ー税金(平均年収×20%) 120万円
-固定費・遊び代(4万円×12か月×人数) 192万円
ー車代(50万×台数) 50万円
ー目標の年間貯金額  100万円
=138万円/年=11.5万円/月

という結果となります。
よって、そこから逆算すると家の値段は
4,000万円の(金利1.1%)家を買うことができることになります。

まとめ

家だけが人生ではありません。
日々の暮らしをきちんと考えて、
そこから捻出できる毎月の返済額を確認し、
購入できる家の値段を考えることをお勧めします!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました