スポンサーリンク

ピヴォ当ての種類と方法!【コツは相手のアラの位置!】

フットサル
Sasin TipchaiによるPixabayからの画像
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ピヴォ当ての方法!!

フットサルにおいて、

【ピヴォ当て】

が非常に重要になってきます。
が、それゆえ、ピヴォ当てをさせないように相手もがっちり守ってきます。

今回は、そんなピヴォ当ての種類とやり方をおさらいしていこうと思います。

ピヴォ当ての種類について

ピヴォ当ての種類は様々ありますが、
相手の「アラ」の守備する位置によってその方法が変わってきます。

それでは、「アラ」の位置ごとにピヴォ当ての方法を見ていきましょう。

アラが絞っている場合

右図のように、アラが絞っている場合を考えていきます。

この状態だと、
フィクソから単純なパスでは、
ピヴォに当てることはできません。

そのため、エイトなどをしながら相手を崩していくのですが、「単純にどんなパターンがあるのか」を抑えておきましょう。

相手のアラが絞っている場合は、

味方のアラが比較的空いている状態になります。

ですので、

①単純にアラにパスをして、

②そのまま流れたピヴォに当手に行くことになります。

ここで、最初ボールを出したフィクソはジャグナウで逆サイドに、アラは落としをもらいに行くといいでしょう。

相手のアラが絞っている場合の2パターン目としては、フィクソから直接ピヴォにボールを入れるやり方です。

フィクソから、ピヴォに入れるには相手のアラが邪魔になってきます。

ですので、そのアラをどかすべく、

①味方のアラの選手が、中に向かって切り込みます。

②空いたパスコース上にピヴォが動き、
 ボールを受け取ります。

この後の展開は、フィクソはピヴォに向かって直線的に走り込みボールをもらい、
中に抜けたアラがそのままファー詰めに行ったところに、シュートパスを行います。

このように、アラとフィクソの関係だけで崩すことができます。

アラが外に広がっている時

次にアラが外に広がっている時を考えてみましょう。

まず、アラが外に広がっている時は、
少しずらせば、ピヴォにボールが入ります。

ですので、単純にフィクソから
ピヴォに当てましょう。

しかし、このまま当てた場合、
相手の選手に一気に詰められて、
四面楚歌の状態になりやすいです。

パスを出したフィクソをマークしている相手のピヴォが後ろを向くことで、
死角に入ることができるので、そこをうまく利用して、フィクソの選手はボールを受けに行くといいでしょう。

次に、アラが外に広がっている時に、

そのまま攻めに転じることができるピヴォ当てを紹介します。

①まずアラは相手の気を引くために、
 フェイクの動きを入れます。
 そのタイミングに合うように、
 フィクソはパスを入れます。

②そしてそのまま「ダイレクト」でピヴォに入れます。

アラの選手はそのまま斜めに抜けてシュートを狙う、フィクソの選手は、アラが抜けてできたスペースを駆け上がって、ファー詰めをしましょう。

ということで、非常に簡単になってしまいましたが、
4種類のピヴォ当ての方法を紹介させていただきました。

たぶん、え、これだけ??こんなのわかってるわ!!
と思われるかと思いますが、きちんと

相手のアラの位置によって判断し動く」というところをキーポイントにおいてもらって、
ピヴォ当てを心掛けるようにしてもらえたらと思います。

特にこの動きに関しては、

だらだらとしたパス回しから展開を一気に変えられる方法になります。

①アラが中に入ったら、

②ピヴォが広がる

③そこに速いパス!

とすることで一気に攻め込むことができますし、相手のDFを乱すことができます。

ぜひ積極的にこの動きを取り入れてみてください。

ピヴォ当て後の動きについて

ピヴォ当て後の動きについて、
いいYOUTUBEの動画がありましたので紹介させていただきます。

パターン①②がアラが外に広がっている状態での攻め方、
パターン③④がアラが中に絞っている状態での攻め方になります。

基本的には、そのサイドの3人で攻める形になり、
落とすのをアラに落とすか、フィクソに落とすか?
一方はきちんとファー詰めを行う。

ということを徹底していただければと思います。

フットサル攻撃の基本6

まとめ

ピヴォ当ては難しいです。
しかもピヴォの態勢を見て判断し、パスを出さないと、
インターセプトされ、前かがみになったところを一気にカウンターされかねません。

ですので、チーム内でまず、

「アラの位置を見る。」ことを共有し、

・広がっていれば、
 ①そのままもしくは、②アラに一度当てて門を突破する。
・狭いのであれば、
 ③フリーのアラ経由でピヴォにパス。④アラがパスコースをつくってあげる。

と、4つの動作を確認しておき、試合で少しずつ使っていくといいと思います。

コメント欄

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました