【VBA】可視セルのみを数式から値張りに変更する方法

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【VBA】可視セルの数式のみを値張りに変更する方法

集計などを行うと、subtotalは消さずに、
「可視セル」だけ変更して、コピペしたいときがあると思います。

しかし、コピーは可視セルだけできるものの、
ペーストは、可視セルと隠れているセル関係なく、
張り付けられてしまいます。

そこで今回は、「可視セル」の数式を「値に置き換える」方法を紹介していきたいと思います。

プログラムは非常に簡単。

プログラムは非常に簡単です。
可視化セルだけを選択して、Selection.Value = Selection.Valueで値に直すだけ。になります。

おSub A()

Selection.SpecialCells (xlCellTypeVisible)
Selection.Value = Selection.Value

End Sub

プログラム説明

プログラムは非常に簡単ですが、

Selection.Value = Selection.Value

は実は、非常に使えるコードになります。

繰り返し作業などで、プログラムが遅いときには、
実は、エクセルのもとから使える数式を用いて、
一度数式としてコピーペーストして、そのあと、エクセルで計算させた後に、
値貼り付けすると格段にプログラムが早くなる時があります。
そんな時は、


Range(Cells(1, 1), Cells(100, 100)).PasteSpecial xlPasteFormulas
Selection.Value = Selection.Value

と、数式をペーストした後すぐに、
このコードを入れてあげると非常に速いプログラムを組むことができます。

ぜひこのコードは覚えていってください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マクロVBA
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました