【VBA】ファイルを立ち上げずに、セルの情報を抜き出す方法

エクセル
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【VBA】ファイルを立ち上げずに、エクセルの情報を抜き出す方法

エクセルで他のシートからセルの情報を持ってこようとすると、
ブックを立ち上げて、情報をコピーして、閉じてを繰り返し行う必要があります。

が、そんなことやっていたら日が暮れてしまいますよね。。

そこで今回は、ファイルを立ち上げずに、下記のように

・特定のフォルダ内の
・全ブックの
・全シートの
・特定のセルの情報
を持ってくる方法を紹介したいと思います。

フォルダ内の全ファイル全シートの情報を抜き出す。

プログラム紹介

プログラムを動かす前に、

①VBAの編集画面「ツール→参照」で、
Microsoft ActiveX Data Objects 2.8 Library
を追加して下さい。
②フォルダパスを検索したいパスに設定してください。
③「任意のセルに変更」の箇所を思い通りに変更ください。

※ダブルクリックでコピーできます。

Sub JIKKOU()
 
        Call DBMacro("C:\Users\bluei\OneDrive\ドキュメント\blog\fp") '←検索したいフォルダを指定する。
     
End Sub

Sub DBMacro(Path As String)
 
  Application.ScreenUpdating = False
 
'    Application.Calculation = xlCalculationManual '自動計算停止(手動計算)
 
    Dim objCn As New ADODB.Connection
    Dim objRS As ADODB.Recordset
    Dim sSheet As String
    Dim i      As Long
     
 
    Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    Set cf = fso.GetFolder(Path)
     
    Z = 2
     
    Cells(Z, 1) = "ファイルへのパス"
    Cells(Z, 2) = "ファイル名"
    Cells(Z, 3) = "シート名"
    Cells(Z, 4) = "計算用"
    Cells(Z, 5) = "フォルダパス"
    Cells(Z, 6) = "シートへのリンク"
    Cells(Z, 7) = "ここからセルの値⇒⇒"
    Z = Z + 1
     
    For Each sFile In cf.Files
  
    If sFile = "False" Then
        Exit Sub
    End If
     
    If sFile.Name Like "*.xls*" Then
     
    Else
        GoTo Continue
    End If
   
'db関数を使用。
    With objCn
        .Provider = "Microsoft.ACE.OLEDB.12.0"
        .Properties("Extended Properties") = "Excel 12.0"
        .Open sFile
        Set objRS = .OpenSchema(ADODB.adSchemaTables)
    End With
 
’シート名を取り出す作業
    Do Until objRS.EOF
        sSheet = objRS.Fields("TABLE_NAME").Value
        If Right(sSheet, 1) = "$" Or Right(sSheet, 2) = "$'" Then
            If Right(sSheet, 1) = "$" Then
                sSheet = Left(sSheet, Len(sSheet) - 1)
            End If
            If Right(sSheet, 2) = "$'" Then
                sSheet = Left(sSheet, Len(sSheet) - 2)
            End If
            If Left(sSheet, 1) = "'" Then
                sSheet = Mid(sSheet, 2)
            End If
            sSheet = Replace(sSheet, "''", "'")
   
'情報を張っていく。
     Application.DisplayAlerts = False
             
            Cells(Z, 1) = sFile.Path
            Cells(Z, 2) = sFile.Name
            Cells(Z, 3) = "'" & Replace(sSheet, "#", ".")
             
            Cells(Z, 4) = InStrRev(Cells(Z, 1), "\")
            Cells(Z, 5) = Left(Cells(Z, 1), Cells(Z, 4))
            CELLPASS = "'" & Cells(Z, 5) & "[" & Cells(Z, 2) & "]" & Cells(Z, 3) & "'!"
            Cells(Z, 6) = "=HYPERLINK(A" & Z & "&""#""&C" & Z & "&""!A1"",""リンク"")"
             
            Cells(Z, 7) = "=" & CELLPASS & "F6"  '任意のセルに変更
            Cells(Z, 8) = "=" & CELLPASS & "Y6"  '任意のセルに変更
            Cells(Z, 9) = "=" & CELLPASS & "M9"  '任意のセルに変更
            Cells(Z, 10) = "=" & CELLPASS & "M15"  '任意のセルに変更
            Cells(Z, 11) = "=" & CELLPASS & "E19"  '任意のセルに変更
            Cells(Z, 12) = "=" & CELLPASS & "B26"  '任意のセルに変更
            Cells(Z, 13) = "=" & CELLPASS & "I26"  '任意のセルに変更
            Cells(Z, 14) = "=" & CELLPASS & "P26"  '任意のセルに変更
            Cells(Z, 15) = "=" & CELLPASS & "B28"  '任意のセルに変更

 
            DoEvents  '重すぎるのでフリーズしないように入れる。
 
'シートをリンクさせないバージョン↓
'            Cells(Z, 8).Value = ExecuteExcel4Macro("'" & Cells(Z, 5) & "[" & Cells(Z, 2) & "]" & Cells(Z, 3) & "'!R26C2")
             
             
        Application.DisplayAlerts = True
             
             
            Z = Z + 1
        End If
        objRS.MoveNext
    Loop
    objRS.Close
    objCn.Close
    Set objRS = Nothing
    Set objCn = Nothing
     
        Application.StatusBar = Z
     
Continue:
    Next

    '子フォルダも同様に、subFolderを実行する。
    With CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
        For Each childf In .GetFolder(Path).SubFolders
            Call DBMacro(childf.Path)
        Next
    End With
     
    Application.Calculation = xlCalculationAutomatic '自動計算開始
    
    Range(Cells(1, 1), Cells(Z, 30)).Formula = Range(Cells(1, 1), Cells(Z, 30)).Formula
    
  Application.ScreenUpdating = True
     
End Sub


プログラムの説明

ADOを使って、エクセルをDBとみなして、
各ファイルのシートをすべてとってきています。

'db関数を使用。
    With objCn
        .Provider = "Microsoft.ACE.OLEDB.12.0"
        .Properties("Extended Properties") = "Excel 12.0"
        .Open sFile
        Set objRS = .OpenSchema(ADODB.adSchemaTables)
    End With
 
’シート名を取り出す作業
    Do Until objRS.EOF
        sSheet = objRS.Fields("TABLE_NAME").Value
        If Right(sSheet, 1) = "$" Or Right(sSheet, 2) = "$'" Then
            If Right(sSheet, 1) = "$" Then
                sSheet = Left(sSheet, Len(sSheet) - 1)
            End If
            If Right(sSheet, 2) = "$'" Then
                sSheet = Left(sSheet, Len(sSheet) - 2)
            End If
            If Left(sSheet, 1) = "'" Then
                sSheet = Mid(sSheet, 2)
            End If
            sSheet = Replace(sSheet, "''", "'")

その情報を使って、
・そのブックにリンクを作っていきます。
【='パス名[ブック名]シート名'セル名】
例)='C:\Users\bluei\OneDrive\ドキュメント\blog\fp[(201912)簡易FP.xlsx]→'!F6】

他のファイルで↓の表示が出ると、かなり萎えますが、今回の場合は、これを思う存分行うようにしています。

安全ではない可能性のある外部ソースへのリンクが

そのまま数式は残してありますが、最後にコピーして値貼り付けをすれば、
このリンクは削除できますので、変に重たいファイルになることを防ぐことも可能です。

まとめ

暗黙知を形式知にしたり、情報の共有を図るために、

・何かしらのフォーマットにある程度のルールにのっとったファイル

を作っていくことがあると思いますが、
残念ながらそれがうまく活用されることが少ないように感じます。

そのハードルを下げるためにも、誰もが使っているエクセルで、
DBを作ることに意味はあると思います。

是非検討してみてください!!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました