スポンサーリンク

楽天スーパーホーダイの速さは?実用性は?モバイルルータの代わりになるか!?

節約
William IvenによるPixabayからの画像
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

楽天スーパーホーダイの速さは?実用性は?モバイルルータの代わりになるか?

突然ですが、僕は「あ~ギガがねぇ」とかいうCMが大嫌いです。
品がないですし、そこまでみんなが求めてないわ!なら安くしろ!!!
と、いう話はおいといて、楽天モバイルのスーパーホーダイの速さと実用性、
しいてはモバイルルータ代わりになるのか?について考えていきたいと思います。

楽天スーパーホーダイとは?

まず楽天スーパーホーダイについて説明していきたいと思います。
楽天スーパーホーダイとは、高速データ容量+使い切っても1Mbpsで使い放題というプランになります。
基本使用料は非常に安く、基本使用料3000円から使用でき、
2年契約をすると、月々2,000円で契約することができます!
安いのと凄そうなのはわかった…
でも、ここで気になる点は、使い切った後の1Mbpsがどれくらい使い物になるのか?という点ですよね!?

1Mbpsでどこまで困るか?確認してみる。

普通の契約で低速モードになってしまった場合、スマホが一気に使い物にならなくなると思います。
が、スーパーホーダイの場合、下記動画の通り、YOUTUBEを見ても読み込み中になることはなく、
画質も十分きれいに見る事が出来ます。また、ネットサーフィンに関しても全く問題なく使用できます。

楽天モバイルスーパーホーダイ低速時YouTube再生テスト 平日11:15

通常、低速モードにして使う

ということで、僕は基本は低速モード→どうしても速さがほしい時は高速モードに切り替える。
という、方法を使っています。慣れてしまえば多少遅いのは気になりませんし、
どうせそんなに重要なものを調べているわけでもないので、そこまで早い必要はありませんしね。
結果として、2GBの容量を使い切ることはなく、現在前月の繰り越しで4GBほどたまっています。

ちなみに、切り替える方法は、簡単でアプリを立ち上げてボタンを押すだけです。

【楽天モバイル】スーパーホーダイの低速モードのスピードテストをやってみる!

低速モードでモバイルルータ代わりにできるのか?

使い放題なので、モバイルルータ代わりにつかってしまえ!
とテザリングして使っているのですが、まったく問題ありません!

実際に使用するタイミングとしては、
・出張などで新幹線移動の時の移動で使用。
・カフェでのブログを書く作業、 ネットフリックス やYOUTUBEを見る。
・フットサルの時にタブレットでみんなで動画を見る。
などに使っていますが、ほぼ困ることはありません。
※トンネルに入るなどのタイミングで、動画が読み込みがとまることがあります。

ただし、仕事の資料など、莫大な量のデータは事前にダウンロードする!
という人には向かないと思います。
1Mbps=1/8MBpsですので、たった10MBの資料でも10/(1/8)=80sかかってしまいます。

事実上最強に思えるが、、欠点は?

ここまで見ると事実上最強に思われますが、欠点があります。
12:00~13:00、18:00~19:00に関しては、1Mbps→300Kbpsとなり、非常にもっさりします。
ですが、その間は高速通信モードに切り替えて使用すれば何ら問題はないので、
そこまで欠点になるとは思っていません。

家に帰ればWIFIが飛んでいるので、家では早かろうが、遅かろうが問題ありませんしね!

結論

結論は、

低速モードの1Mbpsで十分ネットサーフィンには耐えられる。
・データのダウンロード・アプリのダウンロードなどには不向き。
 →家にWIFIがあるのであれば、その時にダウンロードを推奨。
・ただのネットサーフィンレベルであれば、モバイルルーターとして余裕で使用可能
・これがたったの2000円で契約できる!!

と、スーパーホーダイは非常にコスパのいいものだと思います!
モバイルルータ4000円+格安SIM3000円 → 2000円に抑えられたら、1年間で6万円もお得になりますよ!!

コメント欄

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました