スポンサーリンク

【ポイント還元事業】楽天カード・楽天ペイ・楽天Edyの還元のルール(上限や還元方法など)

楽天経済圏
Michal JarmolukによるPixabayからの画像
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

楽天カード・ペイ・Edyのポイント還元率!~消費者還元事業(ポイント還元事業)

ポイント還元事業とは、キャッシュレスを推進するために、

・消費者がキャッシュレスで支払いをした場合のポイントの還元を国が支援するものになります。
・対象店舗は、事業対象の中小・小規模店舗
・還元率は 5% もしくは 2%(フランチャイズチェーンのお店)
・2019年10月1日~2020年6月30日 までの 9か月間。

となっています。

楽天カード・ペイ・Edy・デビットの上限と還元方法・還元日

楽天グループの場合、
・楽天カード・楽天ペイ・楽天Edy・楽天デビット
の4種類が還元対象になっており、それぞれの還元の上限と、還元方法は下記の通りです。

種類 上限 還元方法 還元日
楽天カード 15,000ポイント/月 スーパーポイント カード利用月の翌々月22日頃
楽天ペイ 25,000ポイント/回
(月の上限なし)
スーパーポイント 利用月の翌々月末日頃
楽天Edy 2,500Edyポイント/回 電子マネーのEdyで還元 支払日から30日
(Famiポートなどで受け取る必要あり。)
楽天デビット 15,000円/月 口座へ現金 利用月の翌月25日

楽天カード、楽天デビットは月の上限が決められており、
15,000円までの還元となっております。

それに対して、QRコード決済、タッチ決済では上限は月の決められておらず、
1回ごとのポイント上限になります。

特にQRコード決済の楽天ペイは25,000円/回と一番優遇されており、
国が力を入れていることが分かります。

楽天Edyだけ少々めんどくさいので注意が必要です。

また、楽天Edyの場合、famiポートなどで90日以内に受け取る必要があるようで、
少々めんどくさくなっているようです。
それだけでは受け取ることができないようですので、ご注意ください。

ポイント還元を最大まで使うためには?(還元率2%,5%)

還元率2%でポイント還元を最大まで使おうおすると、

・楽天カード、楽天デビット
 15,000ポイント/月 ÷ 2% =75万円/月
・楽天ペイ
 25,000ポイント/回 ÷ 2% =125万円/回
楽天Edy
 2,500ポイント/回 ÷ 2% =12.5万円/回

となっています。
到底使える額で無いので、戻ってきたらラッキーということになりますね。

大きな額は今までもカードなどで払っていたと思いますので、
元々のポイント還元に合わせて、国からも少し補助が出ると考えるといいかもしれません。

還元率5%でポイント還元を最大まで使おうおすると、

・楽天カード、楽天デビット
 15,000ポイント/月 ÷ 5% =30万円/月
・楽天ペイ
 25,000ポイント/回 ÷ 5% =50万円/回
・楽天Edy
 2,500ポイント/回 ÷ 5% =5万円/回

となります。ここまで来ると少々ハードルも低く(まだまだ高いですが…)なってきます。
いずれにせよ、使わない手はないということですね!

使う、使わないでどれだけの差を生むか?

1ヶ月の支出が5万円と考えた場合、
キャンペーン期間は9か月なので、

5万円×5%×9か月=2.25万円

のポイントバックを受けられることになります。

また、ボーナスのある、12月と6月もまたぎますので、
更にその月に20万円ずつ使ったとして、

20万円×5%×2回=2万円

のキャッシュバックが受けられることになります。

よって、この期間中だけでキャッシュレスを使うか使わないかで4万円程度の差が生まれることになります。

キャッシュレス時代はこれから絶対に進む。

正直最初の導入などはめんどくさい気もするのですが、

「絶対にキャッシュレスはこれから進みます。」

なぜなら、使ってみてひじょーーに楽です。
・コンビニに行くときに、財布を持たずして、携帯だけで行けるのも便利ですし、
・ランニングの時も、携帯だけでお金が必要ありません。
・そして、決済も早いです。

使っている立場からして、前の人が使わずに遅いと正直イライラします。笑
これを気に使ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、楽天経済圏に入れば、全商品毎回20%OFFも夢ではないですよ!!!!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました