【エクセル】大文字小文字を区別してカウントする。

エクセル
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大文字小文字を区別してカウントする。

大文字と小文字では意味が違い、
区別して数える必要がある時があると思いますが、
COUNTIFを用いると、残念ながらどちらもカウントしてしまいます。

そこで今回は、SUMPRODUCTを用いて、大文字小文字を区別して、
集計する方法について説明していきたいと思います。

数式紹介

今回紹介する数式は、
・SUMPRODUCT
・EXACT
を用いて、

=SUMPRODUCT((EXACT(検索範囲,対象文字列)*1))

実際の使用例
=SUMPRODUCT((EXACT($B$4:$B$8,$D7)*1))

となります。

結果は下記の通り、COUNTIFでは区別できていない大文字小文字ですが、
上記の式では区別できているのがわかります。

数式の説明

上記の数式で、肝となるのが、

EXACT関数になります。

EXACT関数は、二つの文字列が同じかを判断できる関数となっており、

=EXACT(値1,値2)

のように記述します。

今回は、この関数にSUMPRODUCTを組み合わせて、カウントしています。

このSUMPRODUCTの計算式は少々わかりにくいのですが、

=SUMPRODUCT(TRUE/FALSEで判断できる数式)

と記述すると、

A1に同じものは1を返す配列
SUMPRODUCT([A1,a1,B1,b1,A1]=A1)
=[1,0,0,0,1]=2

と計算し、合計値を計算してくれます。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました