【エクセル】SUMを用いて累計を計算する方法!

エクセル
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SUMを用いて累計を計算する方法!

損益の計算などで、累計の損益を計算したいときなどが出てくると思います。

そんな時に使える、SUMを用いた累計の計算方法を紹介したいと思います。

数式紹介

今回紹介する数式は、非常にシンプルで
・SUM
を用いて、

=SUM($開始セル:累計セル)

実際の使用例
=SUM($C$3:H3)

と記述します。

結果は下記の通り、開始セルから累計値を計算できていることが分かります。

数式の説明

知ってしまえば当たり前なのですが、
開始位置を$で固定し、計算してあげることで累計の計算を行うことができます。

何となく、累計値を計算するとなると下記の計算式のように

今までの値+新しい値

と考えてしまいがちなのですが、
「累計」などのラベルを設置するとエラーになってしまい困っていたところ、
同僚から教えてもらった数式になります。

本当に単純な計算式ですが、ぜひ使ってみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エクセル
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました