ウォーターフォールグラフのエクセルフォーマット

エクセル
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
スポンサーリンク

階段グラフ(ウォーターフォール)のフォーマット

決算資料などでよくある、

「階段グラフ」

ですが、これを使えると、前回からの変更点などを視覚化することができ、
非常に便利です。

最新版のエクセルでは、グラフの一つとして作れるようになっているようですが、
昔のエクセルなどでも使えるようにテンプレートを作成しましたので、

もしよかったら使って頂けたら幸いです。

使用例はこちら

使用例は、こちらの通りで、
値を入力することで、
・ベースとなる棒
・プラス、マイナスとなる棒
が表示され、下記の通り変化を記録できます。
(下の場合は、給料の額面から手取りまでの差になっています)

手取りの変化を階段グラフで確認。ウォーターフォールグラフの例
手取りの変化を階段グラフで確認

使い方

使い方は、上部にある、
・ベースとなる値
・コスト増
・コスト減
を入力して頂ければ、下記の通りグラフが完成します。

階段グラフの使い方

ぜひ活用してみてください。

コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エクセル仕事関連
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました