【パソコンPD充電化】バッテリーがなくなってきたパソコンを復活させる方法!!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
スポンサーリンク

【パソコンPD充電化】バッテリーがなくなってきたパソコンを復活させる方法!!

ノートパソコンを何も考えずに充電していたことにより、
充電容量が大きく減り、

いきなりパソコンの充電が切れるようになりました。。。

バッテリーを交換する必要があるよなと思いながらも、
元々コスパ重視で選んだパソコンでそこまで高くもないので、
バッテリーを変えるとなるとハードルが高くなります。

そこで、様々な方法でどうにかできないか探っていると、

「PD充電」を使うことで活路が見いだせることがわかりましたので、
今回はその方法を説明していきたいと思います!

PD充電とは?

PD充電とは、超簡単に言うと、

・USB-TYPE C が電源アダプター代わりに使える

というものになります。

専用の電源アダプターが必要 かつ 重くて邪魔だったものが、
全て統一できる かつ 小型 かつ 高速充電できる

という、イノベーションの一つです。

しかも、PD充電に対応したモバイルバッテリーを買えば、
それに適応した機器が、すべて外でも充電できるようになります。

モバイルバッテリーの容量も多く小型になってきた今、
PD充電と合わせるとQOLが大きく上がるかと思います。

でも、私のパソコンはPD充電非対応。。

ただし、上述した通り、

「PD充電に対応した機器」

である必要があり、私のLENOVO C-340では、
これに非対応であったため、単純には使用不可となっております。。。

そこで、何とかしてこのこのPD充電に対応させ、モバイルバッテリーを併用することで、
外での作業を充実させることができないか、検索していたところ、

神のようなアイテムを見つけました!!

それが、これ↓になります。

仕組みは超単純で、タイプC → 各PCの端子に適合させるコネクターで、
基本は「メーカー」のコネクタに変換することが可能です。

そして、これを利用することで、

・PD充電機 → タイプCケーブル → 神コネクタ → PC

と、出先でも充電することが可能になります。

これで、もともと右の充電器であったものが、
左の小さな充電器に変更できることになります。

左の充電器は基本タイプCのケーブルなので、携帯の充電器と同じなので、
荷物が一つ減ることになります!

専用バッテリー→PD充電化

モバイルバッテリーの出力も重要

また、この際に重要になるのが、
モバイルバッテリーの出力値です。

なぜ今まで、PCなどの機器は、専用の電源アダプタを使用していたかというと、

・弱い電力では充電できなかったからです。

たぶん、
使用時の電気 > 充電の電気 だと、充電しながら使用しても、
電池が無くなってしまうため、こうなっているのだと思います。

タイプAの端子を使う普通の携帯の充電器では、
この電力が非常に弱くPCを充電するのに十分な力を持っていません。

ですので、その出力を出せるタイプC - タイプCのケーブル且つ、
45W以上の出力が可能なモバイルバッテーリーが必要になります。

そこで、私が選んだのが、このモバイルバッテリーになります。↓


いざ、実践

ということで、いざ実践です。

65Wモバイルバッテリ → タイプCケーブル → 神ケーブル → PC

と下記の通り接続したところ、、、、ok!!!!!!

モバイルバッテリーからのPD充電

充電されました!!!

これで外でも、気軽に使えるようになります!!
しかも、普通のモバイルバッテリーなので、携帯の充電などにも使える優れものですので、
荷物を少なくすることも可能です!!

まとめ

バッテリーが少なくなって、使いにくくなってきたPCの場合、

昔 → バッテリーを変える

という選択肢しかなかったですが、

現在 → PD充電化して、モバイルバッテリーと共に持ち歩く!

ことで、お金をそこまでかけずとも、延命することができるようになりました!!!
本当に技術の進歩はすごいですね!!

コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
ブログ関係仕事関連ガジェット
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました