【エクセル】関数でセルにデータバー、ヒストグラムを作成する方法

エクセル
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【エクセル】関数でセルにデータバー、ヒストグラムを作成する方法

エクセルには、
条件付き書式を用いることで、
データバーを作成することができます。

データバーを用いることで、値の大小が一目で見極めることができます。

しかし、範囲を指定する必要がありますし、少々めんどくさいところがあります。

そこで、今回は関数で、データバーを作成する方法を説明したいと思います。

数式紹介

データバーを関数で作成する方法は、

=REPT(“■”,セル/幅)

となります。

これを使うことで、下記のように、データバーを作成できます。
どれが重要なデータが一目瞭然ですね!

数式の仕組み

REPT関数は単に値を繰り返す関数になります。

例えば、次の式は5個の◇を出力します。

=REPT(“◇”,5)=◇◇◇◇◇

値は任意のものに設定可能です。

今回、データバーを作成するにあたり、
100点満点のデータを10等分にして評価をするために、

=REPT(■,判定セル/10)

という関数を作成しました。

これで、点数毎に、

・1~10の場合、空白
・11~20の場合、■
・21~30の場合、■■

・90~100の場合■■■■■■■■■

と、データバー表示することが可能になります。

異常値の判定などにも使えますので、
ぜひ活用してみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エクセル
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました