【エクセル】頭にゼロをつけて、桁数を合わせる方法!

エクセル
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

数式の紹介

数式はいたって簡単で、

=TEXT(B3,”00000000″)

と、
・単位を合わせたいセルを選択し、
・書式を”000000000″と設定します。
 ※0の数は桁数を表します。

計算例は下記のとおりです。

この数式の仕組み

TEXT関数は、あらゆる種類の数値フォーマットを数値に適用できます。
為替の表示などによく使われ、

たとえば、$表記したい場合は、

=TEXT(1000,”$#,##0″)

$1,000

と記載することで、$表記に変えることができます。

今回のように頭に0をつけたい場合、TEXT関数を使用して、
ゼロのみで構成される数値形式を指定してあげます。

=TEXT(1000,”0000000″)

0001000

“0000…”の数値形式は、必要に応じて左側にゼロを追加することにより、
自動的に数値をフォーマットしてくれます。

ただし、この方法は数値が文字列に変わってしまいますので、計算ができません。。。

そんな時は、セルの書式設定>数値>カスタム>で”000…”に変更してあげてください。。

0の桁数が多いor柔軟に変更したい場合

0の桁数が多い場合、柔軟に変更したい場合などは、
REPT関数を組み合わせることも可能です。

= TEXT(B6 ,REPT(“0” , 8))

REPT関数は、指定された回数だけテキストを繰り返します。
8を変えることで、桁数を変えれますので、REPTの2つ目の引数をセルの参照にし、変更できるようにすることも可能です。

応用編→0以外で埋めたい、空白で埋めたいときは?

0以外で埋めたい、空白で埋めたいなどの場合は、
上記のREPTと文字数を数えるLEN関数を使って、

=REPT(“Z”,文字数-LEN(セル))&セル

とすることで、頭の文字を埋めることができます。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました