【エクセル】関数で列のアルファベットを番号に変換する方法。英語→数値に変換!

エクセル
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関数で列番号を取得する方法。英語→数値に変換!

マクロを組んでいると、列のアルファベットを数値に変換したいときが何度も出てきます。

そんな時に使える関数を今回は紹介していきたいと思います。

数式紹介

列のアルファベットを列番号に変換する数式は、
COLUMN関数と、INDIRECT関数を用いて

=COLUMN(INDIRECT(“英語”&”1”))

となります。

結果は下記の通りです。
C列に入力した英語の列番号がD列に表示されていることがわかります。

数式説明

対象のセルの列番号を取得するためには、COLUMN関数を用いて、
下記の数式で実現可能です。

=COLUMN(対象セル)

今回、特定の英語の列番号を取得するためには、
この対象セルに”C1″などの文字列を設定する必要があります。

列Cの列番号を調べたい場合、単純に

=COLUMN(C1)

と打ち込むことで実現可能ですが、
列を可変にするために、INDIRECT関数を用いて、

=COLUMN(INDIRECT(可変セル&”1″))

と、しています。

indirect関数はこのように、
文字列をそのまま数式に埋め込むことが可能ですので、
ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エクセル
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました