【エクセル】月ごとに集計する方法!EOMONTHとSUMIFS

エクセル
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【エクセル】月ごとに集計する方法!EOMONTHとSUMIFS

エクセル作業において、

・月ごとに売り上げを集計したい
・月ごとの残業時間を計算したい

などのニーズがあると思いますが、
4月は30日、5月は31日と最終日がバラバラで、
集計するのが地味に難しいです。

今回は、そんなニーズにこたえる関数を紹介していきたいと思います!

数式紹介

数式は

=EOMONTH(セル,0) 

でその月の最終日を調べて

=SUMIFS(合計範囲,日付範囲,”>=”&月初,$B$3:$B$13,”<=”&最終日)

で売り上げを計算します。

計算例は下記のとおりです。

数式の仕組み

範囲内の売り上げを計算するには、

SUMIFS

を用いて、日付が月初以上、月末以下の範囲の売り上げを合計する必要があります。

それが、下の計算式になります。

=SUMIFS(合計範囲,日付範囲,”>=”&月初,$B$3:$B$13,”<=”&最終日)

この計算式は誰でも思いつくと思いますが、
ここで厄介なのが、最終日は、月によって違う。ことです。

にしむくさむらいの2,4,6,9,11は30日、その他2月以外が31日、
2月に至っては、その年によって28日の時も、29日の時もあります。

そんなややこしい最終日を計算できるのが、

=EOMONTH(指定日,月数)

となります。
月数は
・「0」で指定した月の最終日、
・「1」で翌月、「-1」で前月の最終日
のように計算できます。

今回の場合、その月の最終日が欲しいので、「0」を入力すればいいですね!

あとは、最終日が計算できたので、SUMIFSに入れていくだけです。

SUMIFSの条件式の入れ方としては

“>”&数値

のように参入してあげる必要がありますので、お気を付けください。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました