【エクセル】N行,N列,ごとに固定値を参入する方法

エクセル
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

N行,N列,ごとに固定値を参入する方法

3か月ごとに固定費、半年ごとにボーナス払いをするなどの計算を実現したいときに、
使える

N行、N列ごとに固定値を参入する方法を消化していきたいと思います。

数式紹介

N行ごとに固定値を参入する場合

=IF(MOD(ROW(),N)=0,固定値,0)

N列ごとに固定値を参入する場合

=IF(MOD(COLUMN(),N)=0,固定値,0)

下記の通り、3か月ごとに50万円の支出がある場合は、
Nが3,固定値を50として、下記の通り記載します。

数式の説明

この式の肝はMOD関数です。

MOD関数は数値と除数を指定すると、除算後の剰余を返します。
これを応用することで、n回ごとに何かを実行する必要がある数式に役立ちます。

ROW関数、COLUMN関数は、セルの行数、列数を返しますので、
MOD関数を利用することで、n行ごと、n列ごとの繰り返し作業が行えます。

これを応用して、条件付き書式で、
行に交互に色を塗るなどを行うことも可能になります。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました