ビジネス書の読み方は「多読」が基本。本質を読み取り、真似る!

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネス書の読み方は「多読」が基本。本質を読み取り、真似る!

ビジネス書の読む目的は、

  • ・成功した人の、「本質」を学び、その行動、思想を「真似る」こと

です。そのためには

  • ・飽きずに多くの本を読むこと

が重要であり、そのための実践方として、

  • ・一度に並行していろいろな本を読む
    ・キーワードだけ読み取り、次の本に進む

必要があると考えます。

ということで、今回はなぜ、多読する必要があるかを中心に、
ビジネス書の読み方について解説していきたいと思います。

論より証拠。上記の実践方を実際に体験してみる。

まずは、論より証拠ということで、上記の実践法

  • ・一度に並行していろいろな本を読む
    ・キーワードだけ読み取り、次の本に進む

について、実践してみましょう。

多読してみる。

下記まとめは、
「ビジネス書の読み方」と検索し出てきた、
上位10位記事の内容を要約したものになります。

・ビジネスに成功はないので、いろいろな本を読むべき。
 1冊の本では、あくまで「その人の考え」「その時代の成功例」でしかない。
・重要なのは、
 誰でも意見が一致するもの
 意見が分かれるものを知ること。
・全部読まずに、何を知りたいかを決めてキーワードのみ抽出。
 ビジネス書は読み物でなく、検索するもの
・とにかく飽きないためにも、1冊ずつではなく、数冊同時に読む。
・そのためにも、本をまとめ買いしなさい

ビジネス書の「残念すぎる読み方」3パターン

・今とはいつなのかを考えながら読む。
 背景をイメージしながら読む
・序論(問題提起)と、結論が重要
・序論を見て、その時に自分が必要なところだけを抽出。
・事例を読み取るのではなく、それから何が言いたいかを読み解け。
・海外の本でも、本質を読み解くことが重要

意外と知らない?!ビジネス書の読み方 7つのポイント

・目的にあった本か確認するため、著者のプロフィール過去の本をチェック
・知りたいことを得られるか、目次を確認。
・読むモチベーションを保つため、ページ数は多すぎない(①50~200ページがいい)
・上司、同僚のおすすめを読むといい
・斜め読みで同じ内容の本を何冊も読もう。
・時間を空けて読むと、新たな発見がある
・知識となった部分はメモを取る。

すぐに身になるビジネス書とは?選び方のポイントや読み方のコツを紹介

・ここぞと思ったところには線を引く。
 (1章に1~2か所)
・まずは耳を折る。⇒もう一回読んで、もっと良かったものは違うところの耳を折る。

ビジネス書好きなのに仕事が非効率な人に欠けている本の読み方

・長期的な視野で、多面的、全面的に、本質を意識する。
・30代は、関心の幅を広げるために、様々な本を読む。
・40代は絞り読み。
・読書の目的が、情報や知識を得るだけなら速読だが、
 読書の面白さは、本からの知的刺激を得て、自分で考え、
 自分の視点を持って考えることなので、精読がおすすSめ

“ビジネスに活きる”本の読み方「6つのポイント」【前編】

・明日から取り組むこと3つをチョイスするために読む
・最初の内は、思考や行動を真似ぶことが重要
・そのビジネス書から何を得たいか、目的を決める。
・目次を見て、フォーカスして読む。
・実践したいことに線を引く
・その他のページも軽く見る。
 本⇔ネット は体系立ての有無。なぜそのポイントが大切なのかの解説が書いてある。

読書のコツ。ビジネス書を読むなら『明日から取り組む3つのこと』をセレクトしよう。

本質と行動を読み取る。

以上の内容より、

・成功した人の、「本質」を学び、その行動、思想を

読み取ると、

「本質」としては、
・一つの知識にとらわれないように、様々な知識を習得しよう。
・本質を見抜こう。

「行動」としては、共通して、

・速読、多読を行う
・知りたいことをキーワードとして、それに特化して読む。

が、書いてあり、個々に、

・実践に移すために3つ取り出す。
・耳おりの方法
・上司、同僚のおすすめを読む
・序論と結論をよめ

などのテクニックを使っていることがわかりました。

ほぼ、私が最初に提言した、
・成功した人の、「本質」を学び、その行動、思想を真似る
に、似通った結果になっていることがわかります。

多読することの意味

ということで、上記の例を通して、
多読することの意味を何となく分かってもらったかと思いますが、

多読をすることで、

・重要な項目については、どの本にも出てくるので考えずとも、勘どころがわかる。

ことがキーポイントになってきます。

また、一つの本を読んで、それを実行に移そうとしても、
自分に合っていないことは多々ありますが、
多読することで、様々なアプローチの方法を知ることができるため、

・自分に合った(真似やすい)アプローチを見つけることができる

ことも重要になります。

以上のことより、多読が、ビジネス書の読み方の基本となることがわかります。

ビジネス書である必要があるのか?

ここで、「ビジネス書」である必要があるのか?

という疑問が浮かんでくる人もいるかと思います。

正直ここに関しては、目的である、
・成功した人の、「本質」を学び、その行動、思想を真似る
という本来の目的を達成できるのであれば、ネットの検索でも構いません。

しかし、ネットの記事は、「成功した人」かどうかわからない。
ということと、

人が行動を真似る、思想を真似る上の動機付けという観点において、
・その人の経験
・成功事例
などが重要になってきますが、ネットの記事では、
その行動、思想を真似るまでに至らない
という結果になりかねません。

ですので、そんな場合には、ビジネス書を手に取るといいと思います。

その他のビジネス書の利点

その他のビジネス書である利点は、
「その人の経験を追体験できる」ことになります。

ネットの記事で特に求められることは、簡潔さとわかりやすさです。
具体例は何点か上げるにせよ、
追体験させられるほどの内容を書いている記事はほとんどありません。

結果として非常に軽いものになってしまいます。

書くいうこの記事も、私自身が、ビジネス書を何冊も読み、
・またこのことが書いてあるのか… 結局そういうことなのね。
ということが何度も重ねた経験や、
・この人の考え方は面白いな!やってみよう!
と思った経験から書いていますが、その経験を伝えることはできていないと思っています。

ビジネス書では、その思いに至った経験もきちんと記載していますので、
是非積極的にビジネス書を手にいとってもらいたいと思います。

読むだけでなく、、まとめよう

あとは、読んだ結果を「行動」に繋げることが重要になります。

そのうえで、エッセンスだけでもさらっとスプレッドシートにでも書いていくといいと思います。

書き出すと書き出さないで、頭の中に残るか否かが全然違ってきます。
そして、何か行動を起こそうと思ったときに、そういえばあんな本読んだな。
と思い起こすことができます。

その経験が何度も何度もある「思考」こそ、あなたにとって非常に大切な考え方になっていくと思います。

まとめ

ビジネス書を読むにあたり、意識すべき多読について解説してきましたが、

結局は、「何を得るか」、であり、得た情報よち
「どのように行動に変えるか」が重要になってきます。

多読することで、「行動に変えやすくなる」と思いますので、
是非さまざまな本を読んで、実践で使っていってみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
仕事関連
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました