【姿勢】デスクワークの肩こりの原因はキーボードの置く場所にあった話!

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【姿勢】デスクワークの肩こりの原因はキーボードの置く場所にあった話!

皆さん、、長時間のデスクワークつらいですよね。

かくいう私も8時間座りっぱなしで事務作業をしていますが、
肩は凝るわ、目も悪くなるわ、腰も痛くなるわ、、

踏んだり蹴ったりの状況です。

これを改善するためには、

一にも二にも姿勢を正すこと!

なのですが、残念ながらそんなに意識も続かず、いつの間にか姿勢が崩れていってしまいます。

そんな時に気付いたのが、

あれ?これってキーボードの位置が悪いんじゃないの???

という点です。

今回は、自分の改善事例から

肩こりを治したいけど、姿勢矯正がうまく続かない…

という人に向けて

姿勢を正すためのキーボードの配置

について説明していきたいと思います。

この記事を読んでさっそくキーボードの位置を見直し、
ノー肩こりライフを楽しんでくださいね!!

肩こりには猫背を治す必要があるが、続かない。

デスクワークの肩こり、腰痛などの原因となっているのが、

姿勢の悪さ。特に猫背の体制になり、首や肩に負担がかかることです。

では、なぜこの猫背の体制になってしまうのでしょう。

それは、あなたの忍耐力が低いからです。

といわれたらそれまでなのですが、
意識して変えることができたら、誰も苦労しませんし、
今頃肩こりの問題は無くなっているでしょう。

だとしたら、どうする必要があるか、
それは

半強制的に、そうならざるを得ないようにすることが重要です。

半強制的に姿勢を起こすには、キーボードの位置が重要

デスクワークで姿勢が悪い人は

多分右の人の絵に、
①浅く腰かけてしまっている。
②肩が起きておらず猫背
の体制になってしまっていると思います。

ですので、

左の絵のように、

浅く腰かけられないように
かつ
肩を起こす必要があることがわかります。

では、デスクワークにおいて、
この状態をどのように維持できるかと考えると、

意外と簡単です。

それは、

①イスに深く座る
 すみません。。これは、意識してください。

②腰をとにかくデスクに近づける。

③キーボードを手前に近づける

たったこれだけです。

イメージとしては、↓の絵のようになります。

これを実践することで、

キーボードの位置が近いので、体が起き上がり、
どうやっても、猫背になれない状態になります。

それでも猫背になってしまうという人は、
窮屈なくらい、キーボードを近づけてみてください。

さすがに、猫背になれないのではないでしょうか?

問題は、、ブラインドタッチが必須。

上記の方法で、

半強制的に姿勢を正すことができたと思いますが、

ここで一つ問題があります。

それは、ブラインドタッチが必須であることです。

なぜ、キーボードを前方においているかの一つの理由に、

ブラインドタッチが完璧でないために、
時々キーボードを見たいから。

という理由があることがわかりました。
この記事を書いている今も、ちょいちょいキーボードを見る動作を繰り返し、
首が痛いです。。笑

正直見なくてももうできるのですが、癖になってしまっていますね。。。

ですので、ブラインドタッチは必須です。

これは、キーボードを前方に配置した場合でも、
首の前後運動を無くす効果がありますので、
練習するべきでしょう。

もう一つのデメリットは、肩が凝りがち。

もう一つのデメリットは、肩が凝りがちです。

姿勢を正して肩こりを予防するはずが、
キーボードを前方に置いたことで、腕を支えられるスペースがなくなるため、
肩に負担がかかります。

ですので、キーボードの前に、腕置きが必要になります。

1000円もかからずに変えますので、これはいいかもしれませんね!

キーボードの幅って、肩がこる幅だねってこと。

そして、色々と姿勢改善していって行き着く先が、

キーボードの幅って、肩がこる幅だよね

ってことです。笑

どうしてもずっとキーボードに向き合ってたら、
肩を巻き込んでしまうんです。

正直これはどうもこうも逃れられない現実なようです。

分離式キーボードが売られているくらいですし、、、

適正な高さに使用

また、これとは別に、デスクと椅子を適正な高さにする必要があります。

適正な高さの計算は、下記サイトで可能ですので、
一度お試しください。

まとめ

デスクワークで座りっぱなしで、
どんどん体の不調が増えていくばかりでしたが、
ちょっとした工夫で、姿勢を正すことができました。

1週間で効果が出てきますので、
是非お試しください!!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました