多条ねじとは?仕組みと用途。

原価企画・原価計算
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

多条ねじとは?仕組みと用途。

仕事で、多条ねじについて調べないといけないことがあったのですが、
どうしても、度の図を見てもわからない…

ということで、多条ねじの定番である

「エビアン」を買ってきて確認してみました!!

多条ねじの仕組み

多条ねじの仕組みはでよくある説明は、

下記図の通り、ねじやまが赤色と青色とが交互に並んでいるので、
リードが大きくなり、1巻き当たりに進む距離が大きくなります。

二条ねじの模式図

という説明だと思います。
頭がいい人は、これでわかるんでしょうが、
私には、よくわかりませんでした・・・

そこで、目的から考えて整理したのが、下記図です。

ピッチを拡げて作成したねじ
左)普通のねじ 右)ピッチを2倍にしたねじ

多条ねじの目的は「1巻き当たりに進む長さをながくすること」です。
ですので、上記右図のように、ねじやまの間隔を離してあげることで、
目的は達成できることが分かります。

上記のように、ただ間隔を広げただけでは、
ねじやまにかかる力が大きくなってしまい、破損する可能性があります。

では、それを回避するためにはどうしたらいいか?
それは、余っている部分にもう一つねじを切れば防げることになります。
それが、最初に説明した、赤と青の交互に切ったねじです。
これが、多条ねじの招待になります。

視点を変えて、軸方向から見た絵としては、↓のような感じで、
普通のねじでは、ねじやまの始まりは1つですが、
2条ねじの場合は、ねじやまの始まりが180度離れたところにも存在しているんですね。

多条ねじを上からみた図
多条ねじを上から見た絵

以上のように、うまいこと2個ねじを切ることで、
ねじにかかる力は変わらず、1巻きで多く進むねじを作ることが可能になります。

まとめ

多条ねじは、軸方向から見れば一目瞭然!!ということが分かりました。
皆さんも確認してみてくださいね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
原価企画・原価計算
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました