スポンサーリンク

配偶者の扶養控除計算機~一番最適な働き方は?~

この記事は約2分で読めます。

予定の年収と、勤め先の従業員数を選択してください。
(参考までに時給を入力してください)

扶養控除を受けた後の実収入を計算します。

スポンサーリンク

配偶者の扶養控除計算機~一番最適な働き方は?~

計算式の詳細は下記の通りです。
より詳細は↓

③社会保険料

社会保険料とは「年金」「健康保険」のことです。
控除を受けられない場合、給料の約15%払う必要があります。

控除の対象は、
従業員数「500人以下 → 130万以下」
従業員数「501人以上 → 106万以下」
となっています。

④主の扶養控除額

扶養の範囲内であれば、
主の税金が控除されます。

控除額は38万円となっており、その10%税金が安くなるので▲3.8万円となります。

この判定は、150万円未満の収入であれば、受けることができます。

⑤自身の税金

ご自身の税金です。
計算式は、

所得税 =(年収 - 65万)×10%

となっています。100万なら3.5万円程度ということになりますね。

②実収入

収入から③~⑤までを引いた額です。

⑥平均月収 ⑦1週間の勤務時間

①の年収を実現するための月収、勤務時間の計算をしています。

ワークライフバランスを確保するために、無理のないペースか確認してください。

⑧実際の時給

②実収入ベースで計算した時給になります。

社会保険料を払わないといけないとなると、一気に実際の時給が下がります。
社会保険料は給料の15%ほど負担する必要がありますので、

900円→750円くらいになってしまいます。。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました