スポンサーリンク

5Gで何が変わる?何ができるようになる?5Gとは?

ガジェット
mohamed HassanによるPixabayからの画像
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

5Gで何が変わる?何ができるようになる?5Gとは?

ついに5Gが本格運用されようとしておりますが、
正直何が変わるのか?何ができるようになるのか?
よくわかっておりません。
そして調べてもあまり情報が出てこないです。

なぜだろう、、、といろいろ調べてみると

「使用する人間自身、その使い方が未知」

な状態なようです。

3G→4Gの時代は、サイトが開くのが遅いなどなどの不満を解決してきましたが、
4Gも成熟してきて、もはやサイトの遅延などは気にならないレベルになり、
動画などもかなり高画質で見れるようになってきました。

今回の5Gは不満の上にできた技術ではなく、
技術革新が先にできた状態で、それを使ってどのような世界を作るのか、
夢と希望に満ちた状態ということですね。

5Gで出来ること。

5Gで出来ることというと、何となく早くなるんでしょ?
というイメージだけだと思いますが、主に3つのことができるようになります。

CHECK

①高速・大容量通信

 データを高速でダウンロード、アップロードできるようになる。
 例)映画を2秒でダウンロード

②多数同時接続

 多数のデバイスを同時に接続しても接続不良にならない。
 例)花火大会などで繋がりにくいなどがなくなる。

③信頼性向上、低遅延

 今迄みたいに、途切れることがない。
 アップロードも早いので遅延もほぼ0に。

とにかく爆速で、一気につながり、絶対に途切れない!
と思ってくれたらいいと思います。

5Gで変わる世界とは?

「使用する人間自身、その使い方が未知」

ということで、先ほど説明した①②③のポイントから
自分自身で新たなアイデアを発掘する必要がありますが、
ここで、すでに提唱されているアイデアを何点かご紹介したいと思います。

1,遠隔手術

主に①高速,③信頼性向上により、
5G時代では「遠隔手術」がより進むと言われています。

①高速・大容量通信 が可能になりますので、
 ・VRで実際の手術室にいるようにオペができるようになる。
 ・必要なところを自分の目で見る以上に拡大することができるようになる。
 ・自分の目の方向だけでなく、斜めなどから撮影することで3Dで確認できる。
  ⇒縫う作業なども自動で行うことができるようになる?

③とぎれることが無く、低遅延

 ・途切れることが無いので、安心して手術が受けられる。
 ・低遅延なので、実際に手を動かす感覚と同様に動かすことができる。

副次的効果として、
・手術室に入って行う必要がないので、手術中にご飯を食べることができるようになります。
 12時間にも及ぶ大手術でも、集中力を欠かさずに手術することができるようになります。
・機械化することで、手振れ補正を効かせることもできます。
 人間で出来ないところを補うこともできるのですね。
・世界の名医の手術をどこでも受けられるとなると、
 移動にかかる手間や、容体の悪化が無くなります。

2,自動運転

続いては、自動運転です。
②多数同時接続③信頼性向上・低遅延が主に使われます。

②多数同時接続
 ・全車両に搭載することにより、壁などで見えないところに車がいることを確認できます。
 ・車同士の通信を持ちいて、信号無しでぶつからないように交差点を通過できるようになる。

③信頼性向上・低遅延
 ・いきなり途切れた!と、暴走することがあってはなりませんが、
  5Gの世界ではそんなことはあり得ません。
 ・ブレーキは0.1秒が命取りになります。
  超低遅延なので、状況に応じて瞬時に制動を制御可能です。

「絶対に途切れない!!」というイメージがまだまだわかないので、
まだまだ機械に身を任せきれないのですが、
5Gの世界ではこのように変わっていくのでしょう。

3、パソコン本体がなくなる。

パソコン本体が無くなっていく時代も到来しそうです。

既にPS4などでも実装されていますが、②多数同時接続を用いて、
空いている機械で演算させることで高速化を実現しております。

パソコンにもこのような波が来て、今あるパソコンをすべて5Gでつなぐことにより、
最強のスーパーコンピューターを作成。

演算自体は、その擬似スーパーコンピュータを用いて行われ、
信号のやり取りができるディスプレイがあればどこでもパソコンが使用可能になります。

すべてクラウド上にデータを保存し、パソコン上にデータを保管しない
chrome bookなどがgoogleなどから販売されていますが、
1つ先の未来では、CPU自体無いデバイスが誕生するのでしょう。

4、スマートホーム

②多数同時接続で、IOTが進み、スマートホームが進むと言われていますが、
これについては正直4Gで対応可能だと思っています。

が、もうすでに対応可能だからこそ、アイデア次第でいろいろな可能性が出てきますので、
どのように進んでいくのか非常に楽しみです。

何点か自分で考えたアイデアを紹介します。

①IOT + お風呂

⇒ 毎日めんどくさいお風呂掃除ですが、
  最近はごしごししないでも大丈夫な洗剤が出てきました。
  IOTと組み合わせることで、スプリンクラーのような装置で
  お風呂掃除を終えることができるようになるのではないでしょうか?
  また、ボディーソープも散布できるので、体を洗う手間もなくなる世界が来るのでは?

②IOT + キッチン

⇒ お米を炊くのには、ストックから必要な量を量る必要がありますが、
  ストッカーもすでに内蔵されるようになり、
  外からでもボタン一つで量る、洗う、炊くが一度に出来るようになるでしょう。
  また、同様にコーヒーメーカーも同じようにできますし、
  料理もゆくゆくは食材だけストックしておけば洗う、切る、焼く、煮る、味付け
  も自動でできる時代になるのではないでしょうか?

5、VR、ARを用いたスポーツ観戦

ゆくゆくは、電子デバイスも小さくなり、スポーツ選手にもつけられる時代になるでしょう。
そして、試合の疑似体験もできる時代になると思います。

また②多数同時接続を用いることで、5万人を超える競技場でも、
その場の熱狂を味わいながら、
大事な場面では、スカウターのような機械で超接近した映像を見ることが
できるようになるのではないでしょうか。

また、その蓄積されたデータはゲームなどにもフィードバックされ、
ウイニングイレブンなどの選手の動きもよりその人に
あった動作に近づいていくことになると思います。

まとめ

5Gで出来ること、変わる世界を考えてきましたが、
多分、もうすでに提唱されていること以上の革新が起こると思います。

通信が大容量となりデバイスの電池の消耗が早くなることに対する
電池の技術の進歩など、5G以外の技術革新も必要になると思いますが、
いいアイデアはクラウドファンドでお金を集めて実現できる世界になってきています。

こんなことができるようになればいいな。
誰も見たことがない、こんな世界にしたい!!
などなどアイデアを考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガジェット
スポンサーリンク
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました