スポンサーリンク

HORUSIS CL-Proレビュー!キャンプで使えるLEDランプ!持ち運び蛍光灯!??

アウトドア
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

HORUSIS CL-Proレビュー!キャンプで使えるLEDランプ!持ち運び蛍光灯!??

この度、押し入れオフィスを作るにあたり、
「HORUSIS CL-Pro」を購入させていただきましたので、
そのレビューをしていこうと思います。

HORUSIS CL-Proとは?

まず、HORUSIS CL-Proとは簡単に。

下記画像の通り、持ち運べる蛍光灯をイメージしていただければと思います!
価格は、一番大きいCL-Proだと10,000円と少々値が張りますが、
なんと、水の中でも泥の中でも、使える最強の蛍光灯で、
スマホの充電もできたり、アウトドアにはもってこいの蛍光灯となります!

ちなみに電池は、明るさ弱で45時間、中で9時間、今日で4.5時間持つようです。
キャンプなど暗い場所では明るさ弱で十分ですので、電池切れの心配はないと思います!

ということで、実際のレビュー

ということで、皆さんの心配は「明るいか否か?」ということですよね?笑

室内利用の場合

結論から言うと、そこそこ明るいです。笑

大きさ、サイズとしては、

サイズ:392mm×36mm
明るさ(光束):最大700LM

となっていますが、そのサイズの蛍光灯と同じくらいの明るさです。
イメージ「マンションの廊下に設置されている蛍光灯」の明るさって感じです。

さすがに電源に接続して使うものではないので、
これだけ使って部屋一つ照らして普段の生活ができるかと言われたら
少々くらいですね。

床にHORUSISを置いてレビュー画像を撮影してみました。
※最近のスマホは明るく取れてしまうので、わかりにくいですね。。
部屋全体を照らしてくれていますが、
LED証明なので若干指向性が強い感じが分かると思います。

(左)家の電気で照らした場合 (右)HORUSISで照らした場合

キャンプなどで利用する場合

キャンプなどで使用する場合は、
絶大な明るさを提供してくれます。

そして、LEDライトで一番気に食わない、
「なんかそこらへんだけ明るい。」ということがありません!

テント全体を照らしてくれるので非常に便利です!
室内で使ったときはこれくらいか…と思っていましたが、
星空のもとでは全然違いましたね!
なんか、少年自然の家!?を思い出す明るさで懐かしい気持ちになりました。

HORUSIS CL-Proは買いか?

僕は、「買い」だと思います。
コールマンなどのいろいろなランタンがありますが、

①やっぱりLEDライトは、光に指向性があり非常に広がりにくいです。
 その点、このライトはかなり広がってくれます。

②また、細長くて持ち運びがすごく楽です。
 しかも踏んでも割れない、水びだしにしてもいいとなったら、
 本当に雑に扱えます。笑
 また、普段は倉庫を照らすようなどに使ってもいいのではないでしょうか?

あんまりみんなが持っていないという点も、
 アウトドア好きにはたまらないのでは?
と思います。
 珍しがられること間違いなしです!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました