スポンサーリンク

【手持ち扇風機が最強!】バーベキューで簡単に火を起こす方法!

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

【手持ち扇風機が最強!】バーベキューで簡単に火を起こす方法!

バーベキューでさらっと火を起こせる人はかっこいい!!

そんな時代は終わってしまうかもしれません。。

というほどの「手持ち扇風機」は最強の火おこしの道具となります!

手持ち扇風機を使った火のおこしかた!

まずバーべキューの火おこしで一番のポイントは、

「とにかくさわるな、着くまで待て」

ということです。

きちんと着火剤を持ってきたよ!!という人は、


正直手持ち扇風機もいりません。

①着火剤を下に並べます。
②その上に、炭を「人」型に少し間をあけるようにして並べ、火をつけます。
③決して触らずに待ちます。

終わりです。笑
まぁこれで何も問題なくつきます。

炭にきちんと着火するまで着火剤は持ちます。

つかなかった人は、
きちんと炭に着火する前に、炭を動かしてその内に着火剤が燃え切ってしまっただけです。

着火剤がないとき

着火剤がないときに「手持ち扇風機」が必要になります。

着火剤がないときは、「新聞紙」「そこら辺の木」などを使うことになるしょう。
ここでもやることは同じです。

①燃えるものを下に並べます。
 ここで新聞紙の場合は長く燃え続けるように
 棒状に絞ってからおいてください。
②その上に炭を「人」型に置き、火をつけます。
③すごーーく気になるけど、触らずに待ちます。
④新聞紙などが燃え切ったとわかったら、
 ここで待ちに待った手持ち扇風機の登場です!
 炭に向かってフルパワーで風を送ってください!

うちわなどで行うよりも何倍も効率的に風が遅れることにより、
すぐに炭が赤くなり火が出始める状態になると思います。

正直、ちょうど手元にあったのでこれでやってみたらどうかな?
という感覚で行いましたが、これが覇権をとると思っています。

まとめ

バーべキューで火をつけるコツは「とにかく待つ!!」です。

それを基本にして、ある程度炭に火をつけることができたら、
手持ち扇風機で一気に畳みかける。

これであなたも火おこしマスター間違いなしです!!!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました