スポンサーリンク

フットサルのカウンターの戦術!2対1ではこう攻めろ!

フットサル
Sasin TipchaiによるPixabayからの画像
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

フットサルのカウンターの戦術!2対1ではこう攻めろ!

フットサルで重要な得点源の一つに「カウンター」があります。
ゴールが小さい分、1対1よりもゴールの確立は高くなると思います。

しかし、数的優位で抜け出したはいいものの、

・2対1なのに簡単にぼーーるがとられてしまった。
・判断に迷っている間にスピードが遅くなり相手に戻られてしまった。

などなど、苦い経験が多いと思います。

そこで、今回は、フットサルでのカウンターで数的優位になった状態からの攻撃について、

「こういう時は」

「こうしろ」

という形で解説していきたいと思います。

パターン化することで、自分のプレーだけでなく、
それを受ける側のプレーヤーもそれに従った動きができるようになりますので、
ぜひ覚えていってください。

カウンターの基本

まず、カウンターの基本として、

・絶対に歩みを止めてはならない。
・シュートで終わる

というところを念頭に置いてプレーしてください。

それでは、パターンに当てはめていきましょう。

2対1の攻め方。

それではさっそく2対1について考えていきたいと思います。

カウンターでボールをとった状態では、基本的に、ワンサイドにボールホルダー、
その逆サイトにサポートで走りこむ形にします。

では、右図の場合、あなたはどのような行動に出ますか?

パスですか?
ドリブルですか?

迷いますよね。。。。

が、まずは細かく、そして速くドリブルをすることを第一にしてください。

そうしながら相手の挙動をうかがいます。

ここでDFの選択肢を考えてみます。

DFの選択肢としては、

①ドリブルを切りにかかる。

②パスコースを切る。

の2パターンだけです。
それ以外のパターンはありません。

では、まずドリブルを切りに来た場合を考えてみましょう。

ドリブルを切りに来た場合は、
逆サイドが空きます。

ですので単純にパスでOKです。

ここで、サポートの選手のボールのもらう位置は、相手選手と同じライン当たりと考えてください。そうすることで、相手にカットされるリスクも減りますし、そのあとの選択肢も広がります。

また、パサーは、そのままファー詰めに必ず行ってください。得点の確立が2倍以上にはなると思います。

次に相手が、パスコースを切ってくるタイプであったら、

そのままのスピードでおもっきり駆け上がって、シュートorサポートの選手にパスです。

ドリブルである程度まで前進していき、それでもなお、パスコースを切ってくる相手選手であれば、意識がそっちに行っていますので、基本的にドリブルに対応できません。

サポートの選手は相手DFと同じラインで待つことで、ファー詰めにも対応できるはずです。

2対1の戦術は以上です。
この二つの動作を覚えるだけで、それ以外覚える必要はありません。

え、そんな単純な動きだけ??そんなのわかっているよ。と思われたと思いますが、
この2パターンだけで十分です。

その理由を、守備の立場になって考えていきたいと思います。

まず、守備が2対1で考えることはなんでしょう?

それは下記動画のように、
パスコースを限定しながら1対1の状況に追い込んで
ディレイ、外に押し出す、あわよくばボールをとることです。

【解説】1vs2!ディフェンスでのポイントを解説

では、この理想的な守備に対して、
先ほどの単純な2つの攻撃の利点を考えていきましょう。

①ボールホルダーの考える時間が格段に減ります。
 そうなると、何が起こるか。相手DFの考える時間も短くなります。

 実際は、パスコースを防ぎつつ1対1にもっていかないといけない状況において、
 ドリブルを切らないとという思考におちいるのです。

 そして、その状態になれば空いている味方にパスをしてワンツーで抜くことができます。

②それでもパスコースをきちんとふさいでくる相手もいるでしょう。
 しかし、高速ドリブルをすると絶対に相手を押し下げることができます。

 そして、最終的にはシュートという選択肢が生まれてきます。
 そこまで来たら、防ぎに来ざるを得ません。そこで、またパスコースが生まれてくるのです。

このように、簡単にシンプルな行動にすることによって、
迷いをなくすことで相手の判断を鈍らせることができるのです。

実際思い切りのいいプレーをされた方が、DFは怖いです。
いろいろな選択肢を感がるよりも、的を絞ってシンプルに攻撃した方が、
カウンターの時は有効になるといえるでしょう、

もし、相手が足の速いフィクソだったら、、、

しかし、相手のフィクソが足が速く、ドリブルで行ってもとられる。

と試合の流れで判断した場合は、もう一つのオプションを使うように
仲間と情報共有していきましょう。

もう一つのオプションとは、

強引に2対1の状況を作り直すことです。

サポートの選手は、味方選手の前を通り抜けて、相手DFをカーテンしながら逆サイドに駆け抜けます。

もしくは、味方選手の後ろを抜けて逆サイドに回りボールを受けます。

この態勢であれば2対1の状況ですので、簡単にパスを通すこともできますし、気をとられたところでドリブルで仕掛けることもできます。

しかし、「少しだけ攻めこむのが遅くなる」ことで相手の選手が戻ってくる可能性がありますので、そこだけ注意が必要です。

まとめ

2対1の状況のカウンターについてまとめると、

まずはドリブル優先で、スピードを止めない。
そのうえで、

・敵がドリブルを切ってきた。→パス
・敵がパスを切ってきた。→ドリブル

と非常にシンプルな選択肢から行動を選択する。

それに応えるべく、逆サイドのサポートの選手はワンツーできる体制で待ち構える。ファー詰めのポジションに入る。

ことを徹底しよりシンプルゴールを獲っていきましょう!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました