スポンサーリンク

不快指数の計算機|旅行先の気温と服装。気温と湿度と体感の関係

この記事は約2分で読めます。

気温と温度から不快指数を計算します。

不快指数判定結果
~55寒い
55~60肌寒い
60~65何も感じない
65~70快い
70~75やや暑い
75~80暑くて汗が出る
80~暑くてたまらない
スポンサーリンク

不快指数の計算機|不快指数とは気温と湿度,基準

不快指数とは

不快指数とは、「夏の蒸し暑さを定量的に表す指標」となっており、

不快指数=0.81 x 気温 + 湿度(%) x (0.99 x 気温 -14.3)+46.3

で計算できます。

各指標に対する評価は下記の通りとなっており、
暑さだけでなく、寒さの判定もできます。

不快指数判定結果
~55寒い
55~60肌寒い
60~65何も感じない
65~70快い
70~75やや暑い
75~80暑くて汗が出る
80~暑くてたまらない

不快指数から考える、湿度と体感の関係

犬などが体中から発汗できず舌を出して温度を下げるのに対して、
人間は体中から発汗できるため、高温に強い体になっています。
しかし、湿度が高いと、汗が蒸発してくれないため、
蒸し暑く感じるようです。

実際、上記の計算機で
温度27度の条件で湿度を動かすと、

・湿度7%までは快い
・湿度44%まではやや暑い
・湿度79%までが暑くて汗が出る。
・それ以上が暑くてたまらないになります。

このように、湿度によって大きく体感が変わることが分かります。
また、日本人は、不快指数77からすでに不快だと感じるようになるといわれています。

よく赤道付近の国でカラッと晴れている地域では、
そこまで暑さを感じないといわれるのも、
確かにうなづける結果となりました。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました