住宅ローンの前倒し計算機|返済シミュレーション|メリット計算

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

・住宅ローンの情報を入力してください。
 (購入金額・頭金、金利と返済期間)

・現在の返済年数を選択してください。
 現状の借入残高と、残りの返済額を計算し、前倒しした場合のメリットを計算します。

・利息も計算します。

ローンの借り換え計算はこちら↓

スポンサーリンク

住宅ローンの前倒し計算機|返済シミュレーション|メリット計算

住宅ローンを前倒しした場合の計算機を作成しました。

前倒しした場合のメリットを計算し必要かどうか計算しましょう。

購入金額と頭金

購入金額と頭金を入力して、借入金額を決定してください。

返済期間と金利

返済期間と金利を入力することで、
毎年の返済額を計算することができます。

現在の返済状況を計算

返済年数を入力すると、
現在の返済状況を計算します。

現在の借入残高と、その後の返済額を計算し、
前倒しした場合のメリットを計算します。

返済期間が後であれば後であるほど、メリットは小さくなっていきます。

<参考>前倒しする分を投資に回した場合

前倒できる余裕資金がある場合、
その分を投資に回したほうがメリットがある場合があります。

短期投資では乱高下があり利益を上げることは難しいですが、
長期投資では下記記事の通り、メリットがある結果となっています。

ここ30年間の全世界の株式の増加率は約5%を使って計算すると、
100万円を10年間全世界投資した場合、+63万円
100万円を20年間全世界投資した場合、+165万円
100万円を30年間全世界投資した場合、+332万円
となりますので、前倒ししたメリットと比べてみてください。

まとめ

住宅ローンは安い金利で借りることができていることが多いです。

ですので、無理をして前倒しするよりは、
その資金を使って投資などをしたほうが利回りとしてはいいと思います。
※余裕資金であること・長期的な投資を考えている人に限ります。

メリットをきちんと計算し自分に合った返済計画を立てていきましょう!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました