スポンサーリンク

住宅ローン借り換え計算機|シミュレーション

この記事は約3分で読めます。

・購入金額と頭金、金利1、金利2を入力してください。
・各金利での、総支払額、利息が計算されます。

・ボーナスの返済割合を入れると、
 毎月の返済額と、ボーナスの返済額が計算されます。

スポンサーリンク

住宅ローン借り換え計算機|シミュレーション

住宅ローンは非常に高額を融資してもらうため、
0.1%でも住宅ローンが低い方がお得です。

今回は、金利の差を簡単に計算できる計算機を作りましたので、
ご活用ください。

金利について

フラット35などで返済すると約1.1%の金利。
変動金利を選択すると約0.5%の金利

となっています。

3500万円、35年間フルローンで、
・金利1.1%の場合 317万円の利息
・金利0.5%の場合 723万円の利息

となります。

また、

3500万円、35年間フルローンで、0.1%金利が下がるだけでも、
・金利1.1%の場合 723万円の利息
・金利1.0%の場合 653万円の利息

と、約70万円得をすることができます。

検討するのはタダなので、一度検討だけしてみてはいかがでしょうか?

安心×確実×手間なしの「住宅ローン借り換えセンター」

頭金の効果

金利が1%で
頭金の効果を確認してみます。
35年間のローンとして計算すると、

・3500万円 頭金0万円  利息653万円
・3500万円 頭金500万円  利息560万円(対頭金無し▲93万円)
・3500万円 頭金1000万円  利息467万円 (対頭金無し▲186万円)

となります。
が、1000万円を全世界の投資信託に回し、35年間かけて投資した場合、
最低2倍にはなっていると思いますので、
確実に節約にはなりますが、頭金の効果はそこまでないように思います。

返済額の計算

返済額の計算は、下記のとおりです。

①まず、元本を、「毎月分」と「ボーナス返済分」に分けます。
②それぞれ、下記の計算式で毎月の返済額を計算します。

・毎月の返済の場合、金利は月の金利(=金利/12)で計算します。

毎月の返済額
= (借入金額 – ボーナス返済分)×月金利 × (1+月金利)返済回数 / ((1+月金利)返済回数 −1)

・ボーナスの返済分は、半年ごとの金利(=金利/2)で計算します。
 また、返済回数は、2回/年で計算を行います。

ボーナス返済額
= ボーナス返済分 × 金利 × (1+半年金利)返済回数 / ((1+半年金利)返済回数 − 1)

住宅ローン利息が1円でも減らなければ、費用は一切いただきません!

カーローンはこちら↓

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました