【全国版】新築マンションの相場!平米数と購入価格の平均・中央値を確認!頭金は?

投資/FP(家庭のお金)
PexelsによるPixabayからの画像
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【全国版】新築マンションの相場!平米数と購入価格の平均・中央値を確認!頭金は?

マイホームが欲しい!!と思ったはいいものの、

・まずもって、みんなはどれくらいで買っているの?
・どれくらいの年齢で買ってる??
・実際、返済していけるのだろうか…

などなど、疑問は尽きません。

そこで今回は、マンションの全国平均の購入価格を確認してみました!

使用するデータ

使用するデータは

住宅金融支援機構のフラット35利用者

のデータを用いており、

・2018年度版
・総件数7,849件のデータ
・フラット35(固定金利)を使用した人

が対象になっています。

全国の平均・中央値を確認

全国のデータを見ていきましょう!

今回確認するデータは、
・年齢・家族数・世帯年収・住宅面積・購入金額・手持金(頭金)・年収倍率・平米単価
となっております。

ざっと、平均値、中央値、最頻帯を確認!

まずは、結果を表にまとめましたので、ご確認ください。


・全国平均の購入年齢は42.4歳、中央値が40歳
・面積は、平均68.3平米、中央値が70.2平米
・購入価格は、平均4,437万円 中央値は4,090万円
となっているようです。

上記表にて、何となくの感触をつかんだところで、
各々のデータをヒストグラムを用いて、
確認していきたいと思います。

年齢

購入年齢の平均値は、42.4歳、中央値40歳となっておりますが、
下記グラフの通り25歳~29歳で購入する人は非常に少なく、
30歳~40歳までがピークで、40歳以上が徐々に減っていくようです。

家族数について

家族人員については、下記の通り、
子供が生まれる前or巣立ったあとの2人で買っている人が一番多く、
次いで、子供が1人生まれたあたりで買う人が多くなっているようです。

また、1人で買う人も意外に多いことがわかります。

世帯の年収

世帯年収は、平均値767万円、中央値636万円となっていますが、
1500万円以上の方がかなり平均値を押し上げているようですので、中央値を基準にしたほうがよさそうです。
400万円当たりが一番多く、少しずつ件数がへっていくことがわかります。

住宅の面積

住宅の面積の平均値68.3平米、中央値70.2平米となっています。

下記グラフより、70~75平米が一般的で、そこを外れると一気に件数が減ることがわかります。

また、75~80平米より、65~70平米のほうが多くなっております。
以外にコンパクトなマンションが販売されているようです。

また、一人当たりの住宅の面積のデータもグラフにしてみました。
20~25平米がピークとなっています。
70平米で3人家族という世帯が多いことがわかります。

また、30~40平米当たりも多くなっていますが、
1人でマンションを購入された世帯がここにあたりそうです。

購入価格・平米単価

購入価格は平均4,437万円、中央値 4,090万円となっておりますが、
実際のピークとしては、3000万円台となっています。

1平米あたりの購入価格としては、
平均で65万円、中央値58万円となっておりますが、
実際一番多い価格帯としては、「48万円/平米」なようです。

48×70平米=3360万円ですので、購入金額のデータとも一致します。

年収倍率(購入金額÷世帯年収)

購入金額÷世帯年収のデータが下記の通りとなります。

11倍以上という恐ろしいデータは引退された人が購入されたものでしょう。

最頻値は5.5倍程度となっておりますが、
4.5倍~8倍あたりまで幅広いレンジで購入されています。

手持ち金(頭金)

頭金は、7849件中、23%にあたる、1802件が頭金なしとなっております。
最頻値は、300~400万程度となっていますが、
正直それだけ払ったところで、大きく利息が減るわけではありませんので、
頭金はなしでいいのではないかと思っています。

まとめ

新築マンションのデータを確認してきましたが、

①購入価格は4000万円前後で世帯年収の約5~6倍程度
②年齢は、35歳~40歳で、子供が1人生まれたあたりで買う人が多い。
③頭金は、中央値で387万円となるが、23%の人が、頭金なしで購入している。

ことがわかりました。

あくまで平均値、中央値の話になりますので、
家族の暮らしも考えて、選択してくださいね!!!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました