スポンサーリンク

年間の貯金額シミュレーション計算機|手取り、収支、固定費、衣食住、娯楽費

この記事は約2分で読めます。

年収・衣食住・固定費・娯楽費を入力することで、

手取りと年間の貯蓄額を計算することができます!

より詳細に計算したい人は、保険料率、配偶者の所得なども入力してください。

スポンサーリンク

年間の貯金額計算機|手取り、収支、固定費、衣食住、娯楽費

年間の貯金額を計算するための計算機を作成しました。

年収から、手取りを計算。

年収を入力することで、
手取りを計算することができます。

詳細計算の中身を変えない場合、
独身男性で、控除がない状態での計算になります。

保険料の控除なども計算したい場合は、詳細計算の中身を変更ください。

衣食住

生活に絶対必要な衣食住について入力してください。

・衣類は、春夏秋冬ごとに入力できるようにしてあります。

・食は月ごとに入力してください。
 1日1000円程度には押さえたい所ですね。

・住は、家賃ORローンを入力してください。
 ボーナス払い分も入力できます。

固定費

その他、生活に必要な固定費を入力してください。

光熱費・携帯・インターネットなどなど、を入力できるようにしています。
項目が足りない場合はその他をご利用ください。

手取りー衣食住ー固定費

ここまでの計算で、娯楽に回せる金額がどれくらいあるのか見当がつきます。

残したい貯金額になるように娯楽費用を抑える必要があります。

娯楽費用

娯楽費用は

・旅行(日本、海外)
・飲み会・お付き合い
・趣味(月ごと・アイテム)
・家具・家電

をとりあえず入れてあります。
月ごとの出費の平均、年間の出費の計算をしてみてください。

貯金額

手取りよりすべてに費用を抜いて貯金額を計算しています。

もっと貯金をしたい!という方は、
・固定費などの見直し
・娯楽費用の改善。

思ったより貯金できそうだなと感じた人は、
・投資、
・自己投資
などにお金を使ってみてはいかがでしょうか??

税金等の計算

税金の計算については↓の記事をご覧ください。

まとめ

年間収支を計算して、
将来の貯蓄の参考にしてみてください!

目指せ60歳で1億円!!!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました