住宅ローンあり世帯、~34歳以下の年間平均貯金額は「201万円」!

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住宅ローンあり世帯、~34歳以下の年間平均貯金額は「201万円」!

平均の貯金額などなどを検索しても、下記の通り、

・30~39歳、40歳~49歳と幅が広すぎたり、
・住宅ローンがあるかないかなどのステータスがわからない

ことで、結局自分の平均値がわからず、見比べられないことがあるかと思います。

年代平均貯蓄額平均借入額
29歳以下154万8,000円263万4,000円
30~39歳403万6,000円865万7,000円
40~49歳652万円862万1,000円
50~59歳1,049万6,000円581万6,000円
りそな銀行

そこで今回は、

・34歳以下で
・住宅ローンを払っている人

のデータを「家計調査(住宅ローン返済世帯-世帯主の年齢階級別)」から読み解き、
まとめましたので、

平均の貯蓄額と、支出の内容について確認し、
自分の家計の点検にお使いいただければと思います!!

※年齢は少し幅広いです。。申し訳ございません。。

前提条件を確認

まず、前提条件を説明していきます。

使用したデータは、
・「家計調査(住宅ローン返済世帯-世帯主の年齢階級別)」の2020年のデータ

で、34歳以下の平均値を用いています。

世帯構成は、3.7人家族、働いている人は1.6人、18歳以下の子供が1.6人
となっています。
ざっくり、4人家族のデータと考えていただければと思います。

収入と支出、貯金額を円グラフを用いて確認

では、さっそく、収入と支出を円グラフを用いて説明していきたいと思います。

収入

まずは、収入です。

収入は、

・トータルで年収716万円
・手取りは、603万円となっております。

内訳は、

・世帯主の収入が「493万円(内ボーナス98万円)」
・配偶者の収入が、「120万円」
・その他「102万円」

です。
臨時収入が多いことより、親からの支援などが多い世代なのかと思います。
34歳以下で、年収493万円なので、平均より少し多い世帯になりますね。

税金で約16%とられて、実際の手取りは600万円程度になっています。

34歳以下(住宅ローンあり世帯)の収入

支出と貯金額

次は支出と貯金額です。
下記グラフは、毎月の支出と、貯金額を表しています。
(※ボーナスの分はすべて貯金に回す計算としています。ご了承ください)
 

ザックリと区分すると、

・貯金額 34% 16.7万円/月 201万円/年
・住宅ローン 16% 8.2万円/月 98万円/年 
・その他支出 50% 25.4万円/月 305万円/年

となっております。

思った以上に貯金額の割合が多いと感じたのではないでしょうか?

34歳以下(住宅ローンあり世帯)の支出と年間貯金額

それでは、中身の詳細について確認していきます。

貯金額について

まずは気になる貯金額です。

貯金額は、

・毎月10万円程度の貯金(年間124万円)
+ボーナスで(77万円)
=合計 201万円(手取りの34%)

の貯金を行っていることがわかりました。

配偶者の収入が月10万円程度なので、世帯主の毎月の収入と支出がトントンで、
配偶者の給料を毎月貯金に回し、ボーナスの分は丸ごと貯金しているイメージになります。

住宅ローンについて

住宅ローンは、

・住宅ローン 16% 8.2万円/月 98万円/年 

となっております
25%相当が妥当といわれておりますが、

・毎月の収入ベースで 20%程度 (98÷(手取り603-ボーナス98))
・ボーナスも含めると  16%程度 (98÷(手取り603))

と25%大きく下回っていることがわかります。

また、支出の内、住宅関係1.1万円を含めても、

・住宅ローン+住宅関係 18% 9.3万円/月 111万円/年 

で、

・毎月の収入ベースで 22%程度 (98÷(手取り603-ボーナス98))
・ボーナスも含めると  18%程度 (98÷(手取り603))

と、月の手取りベースでも、25%を下回ります。

25%程度であれば家計として破綻はしませんが、
将来も見据えると、実際には20%程度で抑えておいたほうがいい感じですね。

また、これから住宅ローン減税を受けることになりますので、
実際支払う割合はかなり低いことになります。

毎月の支出について

最後に毎月の支出です(車の購入費は含んでおりません)。
※先ほどの円グラフを再度表示しています。

住宅ローンなどを除いて、毎月25.4万円/月の支出となっております。
結構多い気がしますね。

・一番多いのが、食費で6.8万円(世帯人員3.7人)
・次に多いのが、車関係で、3.3万円
・次に多いのが、光熱費関係1.9万円 小計12万円

となっております。 

その他、日用品が1.4万円、通信費用が1.4万円、
まだ子供が小さいこともあり、教育費は、0.6万円/月相当となっております。

小遣いとしては(教養娯楽、諸雑費、小遣い)5.4万円程度となっていますので、
大人1人当たり2.7万円となっており、そこまで窮屈な暮らしをしているわけではなさそうですね。

ただし、旅行代などは別途計上されておりませんので、
お小遣いなどから捻出していく形になるかと思います。

同様の暮らしをしていった場合

同様の暮らしをしていった場合、

・毎年の収支(200万×30年) ⇒ 6000万円の貯金
・車 (5台×300万)    ⇒ ▲1500万円
・学費(私立理系4年2人)  ⇒ ▲500万円×2
・大学仕送り(5万/月)   ⇒ ▲240万×2

合計 6000-1500-1000-500=3000万円+α(年収アップ、退職金等)-β(塾などの教育費等)

と、老後資金2000万円は、順調にたまりそうです。

データ表

下記に詳細のデータ表を張っておきます。

ぜひ自分のデータと見比べてみてください!!

年齢~34歳
世帯人員3.7
有業人員1.6
18歳未満人員1.6
項目月額年額手取り割合
 定期収入32.9 万円395 万円65%
 臨時収入・賞与8.2 万円98 万円16%
 世帯主の配偶者の収入10.0 万円120 万円20%
 公的年金給付0.0 万円1 万円0%
 他の社会保障給付2.9 万円35 万円6%
 特別収入4.8 万円57 万円9%
 その他0.8 万円9 万円2%
収入59.6 万円715 万円119%
 直接税3.4 万円41 万円7%
 社会保険料5.9 万円71 万円12%
税金等9.4 万円113 万円19%
手取り50.2 万円603 万円100%
 食料6.8 万円81 万円13%
 住居1.1 万円14 万円2%
 光熱・水道1.9 万円23 万円4%
 家具・家事用品1.4 万円16 万円3%
 被服及び履物1.0 万円12 万円2%
 保健医療1.2 万円15 万円2%
 交通0.2 万円3 万円0%
 自動車等関係費3.3 万円39 万円7%
 通信1.4 万円16 万円3%
 教育0.6 万円7 万円1%
 教養娯楽2.5 万円30 万円5%
 諸雑費2.3 万円28 万円5%
 こづかい(使途不明)0.6 万円8 万円1%
 交際費0.9 万円11 万円2%
 仕送り金0.0 万円0 万円0%
 土地家屋借金純減8.2 万円98 万円16%
 貯金(ボーナス分)6.4 万円77 万円13%
 貯金(毎月)10.3 万円124 万円21%
支出50.2 万円603 万円100%

まとめ

30歳~39歳での平均の貯蓄額は400万円前後となっておりますが、
家計調査(住宅ローン返済世帯-世帯主の年齢階級別)」で得られたデータでは、毎年200万円程度の貯蓄額となっていることがわかりました。

・「家計調査」できちんと収入と支出を管理した人

ですので、実平均よりも良いデータになっている可能性は大いにありますが、
全世帯平均を求めるより、自分と似た世帯のデータと照らし合わせて、
是非、家計の見直しを行ってみてください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家計の計算住宅関連
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました