【実額公開】新築マンション1年目の固定資産税!大阪4500万の家で11万円!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
スポンサーリンク

【実額公開】新築マンション1年目の固定資産税!大阪4500万の家で11万円!

ついに1年目の固定資産税がやってきました!

毎年10万円以上する固定資産税ですが、
ただただ計算式が書いてあるだけで、実際どれくらいになるの?
というところが明確に触れられている記事が本当に少なかったので、
今回は私の家の固定資産税を紹介していきたいと思います!

家のスペック

まずは家のスペックです。

土地としては、

・大阪府
・駅徒歩2分

建物としては、

・11階建ての、マンション
・我が家は78平米、4LDK⇒3LDKにリフォーム
・食洗機、床暖(電熱線式)あり。
・共用部は、キッズルームと、ライブラリー

という状況になっています。

購入費用は、ざっと4,500万円弱で、土地が1600万、建物が税込み2800万程度となっています。

固定資産税額

それでは、固定資産税額の発表です!!!

結果は下記の通り、「11.5万円」となりました!

4500万円のマンションの固定資産税

内訳は、
・土地が1.3万円
・建物が10.1万円+共用分0.1万円
(新築なので、建物については、都市計画税を除く半分の7.1万円が減額されています)

4500万円のマンションの固定資産税(土地と建物)

建物の課税標準額を見ると、1,015万円となっており、

・購入金額2,500万円の約40%。
・平米単価は13万円/平米 (≒1015÷78平米)

というイメージとなります。

事前に予定していた金額に対してはどうか??

土地⇒

 予想1.35万円
 実際1.3万円

建物⇒

 予想9.9万円
 実際10.1万円

と、ほぼほぼ完ぺきな予測ができていたことが確認できました。
更に、新築優遇を終えると、15万円ふってくるという恐ろしい試算結果も合わせて確認することができました。。。。。。。。。。。。。。。。

俗にいう計算式は全然ダメです。

ちなみに、俗にいう60%が評価額です!!とか言うので計算すると、20万円をゆうに超えてくる試算結果となるので、ちょっとナンセンスかなと思います。。

まとめ

まとめとしては、

・4,500万円のマンションの固定資産税は11.5万円だった。
・土地に関しては、路線価で計算できる。
・建物に関しては何円で買ったではなく、⇒平米単価を基準に課税標準額、税金を計算するとピタッと一致する。

ということが分かりました!!!

コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
未分類
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました