塩分濃度の計算機|海水濃度(3.4%)・塩分濃度

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

・水と、塩、水溶液、濃度のいずれか2つを入力すると、
 その他2つを計算します。
・よくある食塩水の濃度の問題に使用ください。

スポンサーリンク

塩分濃度の計算機|海水濃度・塩分濃度

水と塩、水溶液、濃度の計算

塩分濃度は、その水溶液に対して、
塩が何g含まれているかなので、下記のような式で表されます。

塩分濃度(%) = 塩 / 水溶液 = 塩 / (水+塩)

よって、100gの水に5gを溶かしても5%ではありません(4.76%)。

海水の塩分濃度について

海水の塩分濃度は、3.4%です。

ですので、96.6gの水に3.4gの水が必要です。

こさじ1杯約5gになりますので、
貝の塩抜きをするときなどには、
150gの水にこさじ1杯の塩分が必要になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
計算機
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました