相続税の計算機シミュレーション|基礎控除・税率・配偶者控除

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

相続税の計算をします。
・配偶者の有無、子供の数を入力してください。
・遺産総額を入力してください。

詳細に計算したい場合は、詳細計算バージョンを使用ください。

スポンサーリンク

相続税の計算機|4年前までに贈与しとかないと相続税がかかる?

相続税の計算できる計算機を作成しました。

相続税の計算のやり方

相続税は

(①遺産総額 ー ②控除額) × ③相続税率 - ④相続控除額 ー⑤特別控除

で計算することができます。
上記のパラメータについて一つずつ説明していきます。

①遺産総額

遺産総額はまず思い浮かぶであろう、

・現金預貯金
・株式
・不動産
・借金

と、相続人がなくなった後に相続人のものになる、
・生命保険
・退職金手当

が対象になります。
墓地・仏壇・仏具・祭具等などは非課税になります。

また、亡くなる直前に贈与したとしても、
残念ながら死亡前の3年間は相続税の対象になります。
※すでに支払った贈与税は控除される。

②控除額

控除額は

・生命保険金と退職手当金には非課税枠があり、
 500万円×法定相続人数が非課税になります。

・基礎控除として、
 3,000万円+(600万円×法定相続人数)

が控除されます。

③④相続税率、相続税控除額

①-②をした控除額の金額に対して、
③④の税率と控除額がかかります。

控除後の金額に応じて下記表のとおり決定されますが、
遺産を受け取る人ごとに計算しますので、
配偶者は(①-②)/2で計算
子供は、
配偶者がいる場合 (①-②)/2/子供の人数
配偶者がいない場合 (①-②)/子供の人数 の金額で下表より決定します。

控除後の金額税率控除額
1,000万円以下10%
1,000万円超〜3,000万円以下15%50万円
3,000万円超〜5,000万円以下20%200万円
5,000万円超〜1億円以下30%700万円
1億円超〜2億円以下40%1,700万円
2億円超〜3億円以下45%2,700万円
3億円超〜6億円以下50%4,200万円
6億円超55%7,200万円

⑤特別控除

その他に特別控除が受けられます。

・配偶者の場合、配偶者軽減が受けられ、
 遺産の合計額が1億6千万円以下の場合、税金は0になります。

・未成年控除として、(20歳-相続時の年齢)×10万円が控除できます。

計算例

配偶者あり、子供2人の場合、で

・現金預貯金・株式・不動産・借金で8,000万円
・生命保険で3000万円とした場合
①遺産総額は1.1億円
②控除額は、
 生命保険金は非課税枠で500×3=1500万円
 基礎控除で3000+600×3=4800万円
①-②=11,000-4,800=6,200万円

これを配偶者が1/2、子供が残りを均等に分けるので、
配偶者3,100万、子供が3100/2=1550万円

③④は、一人ひとり計算していくので、
配偶者は3100万なので税率20%控除額200万円
 3100×30%-200=730万円
子供は、1550万円なので、税率15%控除額50万円
 1550×15%ー50=175万円×2人=350万円

となります。
また、⑤配偶者は1.6億円まで非課税なので、730万円はいりません。

よって、税金は350万円になります。

まとめ

相続でもめることがよくあるといいますし、
相続時に慌てることがないように、
きちんと親と話し合っておくといいかもしれませんね!

以外に大きな相続税がとられる可能性がありますので、
生前贈与をしておくといいと思います!!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました