エアコンの期間電気代とは?実際の電気代との関係は???

住宅関連
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
スポンサーリンク

期間電気代と実際の電気代について

エアコンのカタログや、店頭に記載されている

期間電気代

ですが、この表示から、

高級機は安価機に対して1年間で1万円以上電気代がお得になりますよ!

と、高級機をお勧めされることがよくあります。しかし、

この計算を安易に信じていいのか…

という疑問がわいてきましたので、
期間電気代と我が家の実際の電気代を比べてみました!!

ぜひこの記事を読んで、「期間電気代」をより深く理解し、
期間電気代に騙されずいいエアコン選びをの参考にしてください!!

まずは、我が家のエアコン代による電気代を確認

我が家のスペックは、

・築20年の賃貸のマンション
・南向き

・大阪
・古いマンションなので、窓は1重で、かなり隙間風が入る
・エアコンは1台で、リビングダイニング14畳
・設置しているエアコンは、RCS-C405でAPF4.9、
・期間電気代41,688

エアコンのスペック①
エアコンの期間電気代

となっています。

稼働時間としては、
・2019年度が共働きでしたので、朝と夜のみ
・2020年度は妻が育休のため、寝るとき以外常時稼働
となっております。

上記の使用条件で使用した電気代の推移は下記グラフ、表の通りで、
・2019年度の年間電気代 76,715円
・2020年度の年間電気代 84,708円
という結果になっていることがわかりました!

我が家の電気代(過去2年間)
我が家の電気代(過去2年間)
請求年月
(西暦/月)
使用
日数
使用量
(kWh)
平均使用量
(kWh/日)
請求金額
(円)
請求年月
(西暦/月)
使用
日数
使用量
(kWh)
平均使用量
(kWh/日)
請求金額
(円)
2021/3/1(仮)292097.25,1632020/3/1292097.25,163
2021/2/12828510.26,7672020/2/1282157.75,330
2021/1/13548113.712,4122020/1/1353299.48,541
2020/12/1282488.95,8692019/12/1282358.45,900
2020/11/1322497.85,9772019/11/1332407.36,048
2020/10/1302478.26,0192019/10/1292398.25,929
2020/9/12835912.89,2992019/9/1292799.67,036
2020/8/13542812.211,4812019/8/13334910.69,162
2020/7/129291107,3532019/7/1292508.66,348
2020/6/12920374,9952019/6/12920275,066
2020/5/1331935.84,7282019/5/13423976,106
2020/4/1291906.64,6452019/4/1292388.26,086

上記グラフから読み解くと、

・4,5,6月、10,11,12月はほぼ横ばいで、エアコンを使っていない。
・7,8,9月が冷房を使うため高め。
・1,2月が暖房を使うため夏よりさらに高い(温度差がでかいのでよく使う。)

状態です。

ここからエアコンによって上がった電気代を確認するために、

エアコンを使わない時期の平均値(4,5,6,10,11,12)を求めると、5500円

この分を先ほどの年間電気代から引くと、

・2019年度実績 76,715円 - 5,500×12 = 10,715円
・2020年度実績 84,708円 - 5,500×12 = 18,708円

が、エアコンによる電気代になります。

よって、朝と夜だけの場合
・14畳で1年間で1万円
日中ずっとの場合
・14畳で1年間で1.8万円
となりました。

カタログ値の期間電気代が「41,688円」でしたので、
・朝と夜だけ → 23%
・寝るとき以外 → 40%
しかかからなかったことになります。

上記種だとどうなるか?

もしこれが、同じメーカーの最上位機種の大清快 RAS-G406DRHだった場合、
期間電気代が、30,051円ですので、単純に比例計算をすると、

朝と夜だけの場合
・14畳で1年間で1万円 → 0.7円(▲3,000円)
日中ずっとの場合
・14畳で1年間で1.8万円 → 1.3万円(▲5,000円)

となります。

本体価格は、
・下位機種 → 7万円
・上記機種 → 12.5万円
と、値差が5.5万円となりますので、

朝と夜だけの場合 → 5.5÷0.3=18年
日中つけっぱの場合 → 5.5÷0.5=11年

でやっと元が取れる計算になります。
結構かかることになりますね。。。。

なぜこのような結果になるか?

なぜこのような結果になるかですが、それは、測定基準が、

1965年(50年以上前)の木造平屋建ての住宅がモデルに定められている」

からです。
使用時間としても、6時~24時で結構長い時間になります。

こんなのと比べたら、そりゃ、築20年のマンションといえど、、
勝ちますよね。。

もっと断熱性が優れると…

では、もっと断熱性が優れた場合を見ていきます。

現在建てられているマンションはほぼ「断熱等性能評価4等級」を取得しています。

これは、先ほどの

1965年(50年以上前)の木造平屋建ての住宅がモデルに対して、
ざっと7倍程度の断熱性があります。
これは、南向きの住戸であれば、冬は日の入りと、人の体温で、
エアコンが要らない状態になるかと思います。

その前提で、計算をすると、期間電気代は単純計算1/5程度にはなるかと思います。

よって、
・下位機種 期間電力4.2万円 × 1/5 = 0.84万円
・下位機種 期間電力3.0万円 × 1/5 = 0.6万円

1年間で0.24万円の差

しか生まない計算になります。
5万円の値差があった場合、20年以上かかることになりますね。。

まとめ

以上の通り、期間電気代についてまとめてきましたが、

・期間電気代は過剰な計算になっているので、信じていけません。
 ※新築マンションの場合(2重窓など)1/5程度で考えてokです。
・その値差を考えて上位機種を買うことはやめた方がいいと思います。
・ただし、上位機種では、自動洗浄などの機能がありますので、
 それに対しての対価を考えた方がいいと思います。

にしても、エアコン代が毎年1万円(共働きの時)しかかかっていなかったことに驚きました。笑

是非この記事を参考に、自分の家に合ったエアコンを選んでみてくださいね!!

コピーボタン
記事のタイトルとURLをコピー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
住宅関連
スポンサーリンク
nujonoaをフォローする
nujonoa_blog

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました