【全国版】一戸建て(土地付き)の相場!平米数と購入価格の平均・中央値を確認!頭金は?

投資/FP(家庭のお金)
PexelsによるPixabayからの画像
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【全国版】建売住宅の相場!平米数と購入価格の平均・中央値を確認!頭金は?

マイホームが欲しい!!と思ったはいいものの、

・まずもって、みんなはどれくらいで買っているの?
・どれくらいの年齢で買ってる??
・実際、返済していけるのだろうか…

などなど、疑問は尽きません。

そこで今回は、マンションの全国平均の購入価格を確認してみました!

使用するデータ

使用するデータは

住宅金融支援機構のフラット35利用者

のデータを用いており、

・2018年度版
・総件数22,655件のデータ
・フラット35(固定金利)を使用した人

が対象になっています。

全国の平均・中央値を確認

全国のデータを見ていきましょう!

今回確認するデータは、
・年齢・家族数・世帯年収・住宅面積・購入金額・手持金(頭金)・年収倍率・平米単価
です。

データの内容としては、
・平均値:単純に平均したもの。
・中央値:100個データがあった場合、下から50番目の人のデータ。
を確認しています。

お金持ちが混ざっていた場合、大きく平均値を押し上げる場合がありますので、中央値を参考にしていただいたほうがよろしいかと思います。

ざっと、平均値、中央値、最頻帯を確認!

まずは、結果を表にまとめましたので、ご確認ください。

・全国平均の購入年齢は37.5歳、中央値が37歳
・住宅の面積は、平均112.2平米、中央値が109.3平米
・購入価格は、平均4,113万円 中央値は3,900万円
・その内建設費は平均値で2,778万円、中央値は2,850万円となっています。
となっているようです。

上記表にて、何となくの感触をつかんだところで、
各々のデータをヒストグラムを用いて、
確認していきたいと思います。

年齢

購入年齢の平均値は、37.5歳、中央値が37歳 でしたが、
下記グラフの通り30歳から35歳の間の購入する人が多くなっております。

39歳までの間に70%もの人が購入を決めています。

マンションの場合、35歳~40歳がピークになってきますので、
住宅の場合、少し早めに買う人が多いことが分かります。

家族数について

家族人員については、下記の通り、
子供が1人生まれた後、2人目が生まれたあたりで買う人が多くなっているようです。

マンションでは2人で購入する層も多くなっていましたが、
一戸建ては子供ができてから購入する人が多くなっています。

世帯の年収

世帯年収は、平均値611万円、中央値545万円となっています。
が、下記グラフの通り、実際は400万円台で購入している層が一番多くなっています。
約半分の方が、400万~600万円の時に購入しています。

ローンの返済率は年収の23%程度となるようです。

敷地面積・住宅面積

敷地の面積は平均値が220.8平米、中央値が194.8平米となっていますが、
下記グラフの通り、まったく当てにならないようです。

参考までに、三大都市圏と、その他の地域を並べてみましたが、
三大都市圏では、100平米以下が多いのに対して、その他の地域では、280平米超えの土地がかなり多い結果となっています。
各県ごとに確認する必要がありそうですね。

一方、住宅の面積は平均112.2平米、中央値が109.3平米と落ち着いた結果になっています。
地方で大きな土地を買っても、住宅自体はそこまで大きくしないようです。

ピークとしては、105平米~110平米となっており、
マンションの平均70平米に比べて30平米ほど大きいことになります。
一戸建ての場合、階段や廊下が必要になりますので、そのまま比べることはできませんが、部屋1つ増えるイメージになります。

また、一人当たりの住宅の面積のデータもグラフにしてみました。
25~30平米がピークとなっています。
100平米で3~4人家族という世帯が多い感じですかね。

購入価格・平米単価

購入価格は平均4,113万円 中央値は3,900万円となっており、
下記グラフの通り、ピークとしては、3,400万円台あたりとなっています。

マンションでは全国平均が4400万円あたりですので、
若干一戸建ての方が安いことになりそうです。

1平米あたりの購入価格としては、
平均で37.2万円、中央値35.2万円となっています。
一番多い価格帯としては、34万円~36万円となっています。

住宅の面積の中央値が100平米付近、平米単価の中央値が35万円、
掛け合わせて3500万円くらいの家が購入されていると考えると、
上記の購入価格のデータと一致していることが確認できます。

年収倍率(購入金額÷世帯年収)

購入金額÷世帯年収のデータが下記の通りとなります。

11倍以上という恐ろしいデータは引退された人が購入されたものでしょう。

最頻値は7.0倍程度となっておりますが、
5.5倍~8.0倍あたりまで幅広いレンジで購入されています。

手持ち金(頭金)

頭金は、2,2655件中、32%にあたる、7,345件が100万円以下となっております。

100万円以下を除いた最頻値は、300~400万程度となっています。

低金利時代ですので、少し払ったところで、大きく利息が減るわけではありませんが、
頭金をきちんと準備してから購入に至るケースが多いようです。

まとめ

一戸建ての全国の購入価格のデータを確認してきましたが、

①購入価格は4000万円前後で世帯年収の約7倍程度
②年齢は、30歳~35歳で、子供が1人生まれたあたりで買う人が多い。
③敷地面積は、110平米当たり。
③33%の人が、頭金なしで購入している。

ことがわかりました。

「フラット35年」を使用した方の平均値、中央値の話になりますので、
自分の家族の暮らしも考え、じっくりと検討してくださいね!!!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました