【FX】余剰証拠金計算機|シミュレーション。証拠金維持率はいくら必要?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

FXにおいて、為替の急激な変動に対して、余剰証拠金がどれくらい必要か計算します。

・レバレッジ
・購入レート、取引ロット

を入力してください。

・下落率を変更

することで、必要な余剰証拠金・取引証拠金総額が計算されます。

スポンサーリンク

【FX】余剰証拠金計算機|いくら必要?必要な証拠金維持率は?

FXにおける余剰証拠金と、証拠金維持率を計算します。

入力項目

・レバレッジ→お使いの取引会社のレバレッジを入力ください。
・購入レート→購入時のレート
・取引ロット数→1ロットが10000通貨になります。
 ※取引会社によっては0.1刻みで購入できます。

その状態で、

・下落率を変動させることで、レートが悪化したときに必要な取引証拠金が計算されます。

計算結果

・取引額 → 購入レート×取引ロット で現在取引中為替の計算をします。
・必要証拠金 → 取引額/レバレッジ で計算
・余剰証拠金 → レート悪化時に足りなくなる証拠金を計算します。
・取引証拠金 → 必要証拠金+余剰証拠金で、取引を続けるために必要な資金を計算します。
・証拠金維持率 → 取引証拠金/余剰証拠金 をけいさんします。

いろいろとシミュレーションしてみた結果

いろいろとシミュレーションしてみましたが、

レート・ロット数が変わっても、
レバレッジ、下落率が同じ場合、必要となる証拠金維持率は同じ結果となりました。

計算式的に当たり前ではありますが、実際にシミュレーションしてみると、理解しやすいと思います。

結果として、レバレッジ25倍では、

・5%下落想定 →  証拠金維持率 220% 必要
・10%下落想定 → 証拠金維持率 340% 必要
・20%下落想定 → 証拠金維持率 580% 必要

となっています。20%の下落を耐える右るためには、6倍もの資金が必要ということになります。

ロスカット率を考えた場合の必要な取引証拠金も計算できますので、確認していただけたらと思います。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました