スポンサーリンク

リスクは?楽天カードでポイント投資デビュー!毎年6000円ゲット!

投資関連
この記事は約3分で読めます。

楽天カードで投資できるようになりました。
が、投資というものに疑いがありやっていない人が大半だと思います。
今回はその疑いを晴らしていきたいと思います。

スポンサーリンク

リスクは?楽天カードでポイント投資!毎年6000円ゲット!

楽天カードで投資信託を積み立て購入できるようになりました。
条件は、・毎月5万円までとなっており1%のポイントが還元されます。
ですので、毎月500円確実に手に入れることができます。
そんなうまい話あるわけない!!投資がまったくわからないし、リスクが高いんじゃないの?
と思っている人が多数だと思いますので、
お勧めの投資信託とともにポイントカードの積み立てをお勧めしていこうと思います。

そんなうまい話が、、あるんです。

下に楽天証券ファンドアワード2018「国内債券部門」で上位を取った3種類のファンドと
日本の平均の株価のグラフを載せています。
※2019年3月を100になるように指数化しております。
リスクがあるのでは?と思う人は、株価のような変動を思い浮かべていると思います。
こんなに変動があったら、投資なんて怖くてやってられないし、
リーマンショック(2008年~)とか起こったらお金が半分くらいになってしまうんでしょ…
と思う気持ちもわかります。
ですが、黒色や、水色のグラフをご覧ください。
少しずつではありますが、着実に上昇していることが分かります。
この二つは主に日本の債券(≒借金)に投資するファンドとなっております。
黒色の明治安田日本債券ファンドに2000年に投資をしていた場合、
20年で1.36倍になる計算です。

また、リーマンショックの時でさえも、大きな変動がないことが分かります。
これでもまだ、大暴落するかもと疑いますか?

もし、明治安田日本債券ファンド に毎月クレジットカード投資をしたら?

毎月5万円、安田生命日本債券ファンドに投資をしたシミュレーションを作成しました。
2000年の2月から、2019年3月までのデータで作成しております。
まず水色→普通に毎月5万円貯金すると1150万円の貯金をすることができます。
この積み立てを、明治安田生命債券ファンドに投資しておくと、
1453万円となり+303万円預金に対してお金が増えることになります。
また、それをクレジットカードで行うことで、
1468万円となり+318万円お金が増えることになります。
20年で318万円なので、1年16万円、毎月では1.5万円となっております。

結論 → 最低でも国内債券の投資信託を始めてください。

すみません、結論が変わってしまっております。
楽天カードでのポイント投資を進めたかったのですが、
クレジットカードで積み立て投資をした場合と、普通に積み立て投資をした場合では、
20年で15万円と思ったより大きな差になりませんでした…
ですが、国内債券の投資信託を行うことで、300万円を超えるリターンが
ほぼノーリスク(リーマンショックも乗り越えた!!)で得ることができます。
少し手続きはめんどくさいと思われるかもしれませんが、
一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました