スポンサーリンク

楽天銀行の入金の手数料を確認(無料にする方法)~楽天銀行開設の巻

投資関連
この記事は約3分で読めます。

初めてのネット銀行の開設で、いろいろなルールが分からなかったので、まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

楽天銀行の入金の手数料は?

楽天銀行への入金の手数料を調べると、
ATMから3万円以上であれば無料で入金できることが分かります。
ですが、3万円以下の場合は216円も取られることになります。
また、出金に至ってはすべて手数料216円がとられることになります。
この手数料を無料にする方法は、

①公式→ハッピープログラムを使用する。
②楽天銀行を給与振込口座にする。
③裏技→楽天証券を介して入出金をする。

この3つの方法がありますので、ご紹介していこうと思います。

入出金方法|楽天銀行
ATMや振込などを利用した楽天銀行の入出金方法についてご案内します。楽天銀行の入出金は「提携先ATM」や「振込」が便利!楽天銀行のキャッシュカードがあれば、全国約80,000台の提携先ATMを利用して、入出金ができます。

①ハッピープログラムを利用する。

ハッピープログラムとは、簡単に言うと、
・残高の多い人・取引の多い人は、
「ATM手数料○○回無料」「他行変更振り込み手数料○○回無料」になるというプログラムです。
条件は下記の表のようになっています。

楽天スーパーポイントが貯まって使えるハッピープログラム|楽天銀行
ハッピープログラムは楽天銀行のお客さま優遇プログラムです。エントリーするだけで、お支払いや振込などのお取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まります。また、ATM手数料や振込手数料についても優遇を受けることができます。

実は厳しい無料の条件

ATM手数料無料の条件をみていきますと、
 ・1回無料 → 残高10万円以上 または 取引5件以上
 ・2回無料 → 残高50万円以上 または 取引10件以上
 ・5回無料 → 残高100万円以上 または 取引20件以上
 ・7回無料 → 残高300万円以上 または 取引30回以上
となっております。
メインで使わないつもりの人にとっては、残高50万円以上でやっと2回無料と少々厳しい条件になっています。
また、取引件数に至っては、普通に生活していてはATM一回無料の5回さえ箸にも棒にもかからないと思います。
以上のように、実はハッピープログラムで手数料を無料にするには、かなり厳しい条件になっています。

ハッピープログラムを簡単にスーパーVIPにする裏技はこちら。

②楽天銀行を給与振込口座にする。

楽天銀行を給与振り込み口座にすることで、
3回まで振込手数料を無料にすることができます。
が、これもメインの口座にしないと少し難しいかもしれませんし、
ATMの手数料は無料になりません。

給与・賞与・公的年金のお受取|入出金|楽天銀行
楽天銀行なら、給与・賞与・公的年金の受取があると他行振込手数料が翌月3回無料になります。さらに、楽天スーパーポイントがもらえるダブルチャンス!給与・賞与・公的年金受取口座は、ぜひお得な楽天銀行をご指定ください。

③裏技→楽天証券を介してお金を出し入れする。

そこで、裏技ではないですが、楽天証券を介してお金を出し入れすることで、
手数料無料でお金の動かすことができますので、紹介していこうと思います。

必要なものはメインバンクと楽天証券

この方法を使用するには、楽天銀行と大手のメガバンクを使用していることが要件となってきます。
楽天銀行を使ってみようと思う人は、
主に「楽天証券」を使っている人や、使い始めようとする人だと思いますので、
ほぼこの条件に当てはまるのではないかなと思います。

ステップ ①楽天証券にメガバンクから入金する!

楽天証券をどんどん使ってもらうために、
メインバンクから 楽天証券に入金する手数料は無料となっております。
ですので、まず一度楽天証券にお金を入金してください。

ステップ②楽天証券から楽天銀行への出金する!

楽天証券から、楽天銀行への出金も実は無料になっております。
ですので、先ほど楽天証券に入金したお金を楽天銀行に出金することで
無料でお金をやりくりすることができます。
これは、逆もしかりなので、自分の口座同士でお金をやる理取する場合は、
何回でも手数料無料で入れ替えることができます。

楽天銀行はそこまでお得ではない?

入金の手数料無料になっても、ここまでくると、めんどくさいし、
楽天銀行は手数料の条件が厳しくて使い勝手があんまりよくないのでは?
と思う人がいるかもしれませんが、
毎月ほぼ確実にATM手数料7回無料、毎年10000円お金を増やすことができる方法があるのです。
嘘のような本当の話ですが、↓この記事を見てみてぜひ検討してください!!

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました